このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037452
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07030217058477
事例作成日
(Creation date)
2007/03/02登録日時
(Registration date)
2007年09月13日 02時12分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
西行の岡山での足跡について知りたい。
回答
(Answer)
『岡山県大百科事典』の「山家集」の項では、西行は「1168年(仁安3)に四国への旅の途中、岡山地方を通っている」としている。合わせて若い頃にも来遊した説があることも紹介している。歌が詠まれている地域は現在の玉野市、笠岡市真鍋島、瀬戸内市牛窓、倉敷市児島を挙げ、以下の句が紹介されている。玉野市渋川付近「おり立ちて浦田に拾ふ海士の子はつみより罪を習ふなりけり」、笠岡市真鍋島「真鍋より塩飽へ通ふ商人はつみをかひにて渡るなりけり」、瀬戸内市牛窓「さだへ棲む瀬戸の岩つぼ求め出て急ぎし海士の気色なるかな」「しきわたす月の氷をうたがひてひびのてまはるあちのむらとり」、倉敷市児島「たて初るあみとる浦の初さほはつみの中にもすぐれたるかな」「むかしみし松は老木に成りにけりわが年へたるほどもしられて」。この他、『岡山の文学碑』『岡山文学風土記』『倉敷市史 第二冊』『岡山県風土記』などにも西行や山家集に関する記事がある。また岡山県立図書館HP内にある「おかやま人物往来」にも西行の解説がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
岡山県大百科事典編集委員会編『岡山県大百科事典 上巻』山陽新聞社,1979.山本遺太郎『岡山の文学碑 岡山文庫6』日本文教出版社,1965.大岩徳二『岡山文学風土記 岡山文庫33』日本文教出版社,1970.永山卯三郎『倉敷市史(第二冊)』名著出版,1973.谷口澄夫・石田寛監修『岡山県風土記』旺文社,1996.倉敷の自然をまもる会『児島風土記』倉敷の自然をまもる会,1982.岡山県立図書館HP内「おかやま人物往来」(http://www.libnet.pref.okayama.jp/mmhp/kyodo/person/person.htm)(2007年3月2日現在)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007030217015958477
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000037452解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!