このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000036861
提供館
(Library)
岡崎市立中央図書館 (2310043)管理番号
(Control number)
岡崎図-194
事例作成日
(Creation date)
2003/01/24登録日時
(Registration date)
2007年08月22日 02時10分更新日時
(Last update)
2016年06月17日 13時53分
質問
(Question)
「桂むき」の語源を知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】p.226に、「能では、かつらの上に、細い布を巻いてうしろにたらすことをかつら巻と呼び、ここから料理の桂むきが出たとされる。」と記述あり。

【資料2】p.234に「能楽の衣装の鬘帯(髪の後ろで結んで長く垂らす帯状の布)と形状が似ているところからカツラ剝きとなり、後に同じ訓をもつ桂の字が当てられた。」と記述あり。P.235には桂剝きの図あり。

【資料3】p.150に「京都の町へ物売りにくる女に、大原女、白川女、桂女とあります。大原女や白川女は頭に手拭をかぶっていますが、桂女は白の布です。その布に似ているのでこの名があります。...嵐山の渡月橋を境に上を大堰川、下を桂川といい、帯状になだらかに流れている川の面が、大根など剥いたさまに似ているところからこの名が出たともいわれます。」と記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『語源由来 日本料理大事典上巻』ニチブン,2000,参596.2/コ/1 (資料1)
『暮らしのことば新語源辞典』山口佳紀/編,講談社,2008,参812.0/ク (資料2)
『日本料理語源集』中村 幸平/著,旭屋出版,2004,参383.8/ニ (資料3)
キーワード
(Keywords)
調理
桂むき
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000036861解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決