このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000036826
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
7551
事例作成日
(Creation date)
2007年08月21日登録日時
(Registration date)
2007年08月21日 09時09分更新日時
(Last update)
2018年08月15日 12時37分
質問
(Question)
名字「福家」の成り立ちについて
回答
(Answer)
①いつ発祥したか②どこで発祥したか ③誰が作ったか④どんな経緯があったか

 「国分寺町史」(国分寺町史編集委員会/編 国分寺町役場 1976年発行)
 武士の世の中と国分寺 2本町の武士(1)諸氏の起り(p80~81)の福家氏
 の記述によれば、

 「資光の次男の資幸が別家して福家に住み、福家・陶・畑田を分け与えられた。
 福家氏を名乗り、藤太夫を号し、勘解由頭(かげゆのかみ:地方長官の不正などを
 監察する仕事をもつ)に任じられた。その館(やかた)(福家城ともいわれる)は
 現在の長然寺付近にあったようで、当時使われたらしい古井戸が二、三と石垣の
 一部が残っている。また背後の堂山山頂には峒(どう)山城を作ってその守りとした
 ようである。」とある。

 なお、資光とは「藤太夫資光」のことで、「1184(寿永3)年9月、頼朝は屋島合戦に
 御家人に対して下知状を下した。源氏に味方した讃岐の武士の筆頭に「藤太夫資光」
 の名があり・・・・・・」とある。

 なお、国分寺町は、平成18年1月10日に高松市と合併し高松市国分寺町となった。

⑤どんな意味が込められたか
 
 ・「角川日本地名大辞典 37(香川県)」(角川日本地名大辞典編纂委員会/編
  東京 角川書店 1985年発行)の見出し語「福家」の部分(p700)によれば、

 「ふけ 福家(国分寺町) 本津川中流域に位置する。地名の由来は、かって湿地
 帯であったため湿田が深田(ふかた)と称され、それがフケに転化したものとする
 説がある。藤中納言家成の子孫資光の次男資幸が別家して福家に住み福家氏を
 名乗ったとされるので(全讃史)、地名は鎌倉期にはすでに生じていたらしい。」
 とある。

 ・「さぬき国分寺町誌」(国分寺町誌編纂委員会/編 国分寺町 2005年発行)
 第1編地誌 第4章地形図に変ぼうする地域の姿を読む 第4節福家地区(p134)では、
 「角川日本地名大辞典 37(香川県)」と同じ説をとっているが、第2編歴史 3中世
 3国分寺町域の古地名(p261)では、
 
 「福家は、不毛(ふけ)が語源で、元来は農作物を産しないこと、特に稲作に
 適さない土地を指すことが多く、不毛(ふもう)の土地であったことを意味する。
 しかし鎌倉時代までに綾(讃岐藤原)氏の一族である福家氏などの在地領主が
 開発して水田化されたものである。豊かになった不毛の地にちなんで雅字をもって
 福家と充てたものであろう。」としている。

⑥県内、全国に何世帯あるのか
 
 下記資料を見たが、記載はなかった。

 ・「難読・稀少名字大事典」(森岡浩/編 東京堂出版 2007年発行)
 ・「姓氏・地名・家紋総合事典」(丹羽基二/著 新人物往来社 1988年発行)
 ・「日本の苗字読み解き事典-先祖を知り歴史を知る」(丹羽基二/著 柏書房 1994年発行)
 ・「日本全国苗字と名前おもしろbook」(第一生命広報部/編 恒友出版 1987年発行 

 NTT電話帳「ハローページ」の香川県分である香川県小豆島地区版、さぬき・東かがわ市版、
 高松地区版、中讃地区版、観音寺・三豊市版(いずれも掲載情報2006.12.1現在)を見たところ
 計477世帯の記載があった。
 
 *この方法による全国の世帯数の把握については、対象が膨大になりこの方法による算出は
  不可能。

⑦香川県以外に分布している都道府県

 ⑥で用いた電話帳以外の資料に分布についての記載はなかった。

⑧「福家」について調査・研究している人の名前

 ⑨で紹介する当館所蔵の福家氏に関する資料は、すべて黒川隆弘氏による。

⑨「福家」の成り立ちについての刊行物
 
 当館では次のような関連資料を所蔵している。

 ・「郷土 国分寺町の歴史を解く 26(史料 中世の豪族 福家氏文書由緒書)」
  (黒川隆弘/〔著〕 黒川隆弘 2002年発行)
 ・「〔郷土〕国分寺町の歴史を解く 27(史料 中世の豪族 福家氏文書由緒書)」
  (黒川隆弘/〔著〕 黒川隆弘 2002年発行)
  内容:歴代城主とソノ末裔たち
 ・「〔郷土〕 国分寺町の歴史を解く 28(中世の豪族 福家氏の家紋)」
  (黒川隆弘/〔著〕 黒川隆弘 2002年発行)
 ・「〔郷土〕 国分寺町の歴史を解く 36(中世の豪族 福家氏の菩提寺
  「来迎院」と寺宝のゆくえ)」(黒川隆弘/〔著〕 黒川隆弘 2002年発行)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
福家氏
香川県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000036826解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!