このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000036350
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-001
事例作成日
(Creation date)
2007/03/18登録日時
(Registration date)
2007年08月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2013年01月15日 16時09分
質問
(Question)
『国史大辞典』に、荻原重秀の父が「残物奉行」を勤めたという記述があったが、どのような役職なのか。
回答
(Answer)
「残物奉行」は勘定奉行の配下であることはわかったが、どのような役職かを確認できる資料は見あたらなかった。
なお、『江戸時代の制度事典』p277「勘定奉行」の配下の項、『続々群書類従 7(法制部)』の「吏徴」の項p144〈縄竹残物奉行 御勘定奉行支配〉、『江戸時代役職事典(改訂新版)』p44、『国史大系 39(徳川実紀 2)』p541、549に〈縄竹残奉行〉〈縄竹残物奉行〉の役職名が散見するが、残物奉行に関する詳細な記述はなかった。
備考欄に追記あり。(2013.1)
回答プロセス
(Answering process)
『寛政重修諸家譜 10』p141「荻原種重」の項の記述「寛永20年御勘定となり、後蔵米150俵たまふ。慶安3年2月残物奉行となり寛文6年12月23日50新恩俵を賜ふ・・・。」を確認して、江戸時代の役職制度関係の資料を探す。〈縄竹残奉行〉〈縄竹残物奉行〉の役職名が散見し、勘定奉行の配下であることがわかるが、「残物奉行」に関する詳細な記述は見つからず。
事前調査事項
(Preliminary research)
『国史大辞典 2』p790「荻原重秀」の項に、「重秀の父種重(タネシゲ)は勘定奉行、のち残物奉行を勤める」とあり。
NDC
日本史  (210 9版)
個人伝記  (289 9版)
法制史  (322 9版)
参考資料
(Reference materials)
『寛政重修諸家譜 10』(続群書類従完成会 1984)
『江戸時代の制度事典』(大槙紫山著  歴史図書社 1973)
『続々群書類従 7 法制部』(続群書類従完成会 1984)
『江戸時代役職事典 改訂新版』(東京美術 1992)
『国史大系 39 徳川実紀2』(吉川弘文館 1990)
キーワード
(Keywords)
残物奉行-江戸時代
荻原 種重(オギワラ タネシゲ)
荻原 重秀(オギワラ シゲヒデ)
縄木竹残物奉行(ナワキタケノコりモノブギョウ)
縄竹残奉行
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
追記:『江戸幕府大事典』(大石学編 吉川弘文館  2009)p.329-330 縄木竹残物奉行 (なわきたけのこりものぶぎょう)の項あり。
 「江戸時代初期に存在した役職。普請に関わる役職と考えられるが詳細は不明。勘定奉行の配下。(略)職務の詳細は不明だが、公儀普請に関わって褒賞されている記事が『徳川実紀』五・六で確認される。配下に同心五名ずつ、手代二名ずつが配備されている。(略)」荻原十助種重(おぎわらじゅうすけたねしげ)の名あり。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000036350解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!