このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000036335
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2007-012
事例作成日
(Creation date)
2007/04/13登録日時
(Registration date)
2007年08月02日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年08月17日 13時27分
質問
(Question)
15~16世紀に「大名や領主が所領を寄進して建てたのではない寺を」の事例を知りたい。事前調査資料によると、これらを「林下」(りんか)と称するらしい。
回答
(Answer)
明確な記述のあるものは得られなかったが、以下の所蔵資料を確認し紹介する。
『日本禅宗史論集 一之下』(玉村竹二 思文閣出版 1979)p1001「林下の形成」の項あり。p1003に五山とは隔絶した寺院が挙げられている。
『中世寺院と民衆』(井原今朝男 臨川書店 2006)p59「たった一人の中世寺院」の項あり。p62武蔵国衛周辺の勧進僧から竜淵寺(龍淵寺)があげられている。
『日本禅宗史研究』(竹貫元勝 雄山閣 1993)p43-298「に第一編 林下教団の成立と展開」あり。
代表的なものとして、大徳寺と妙覚寺あり。いずれも外護がある時期と無い時期がある記述。
『京都の歴史 3 町衆の躍動』(仏教大学 京都新聞社 1994)p45-67に加藤正俊「五山と林下」(講演記録のようなもの)あり。p61以降に林下の記述あり。
『日本仏教宗史論集 7 栄西禅師と臨済宗』(吉川弘文館 1985)p270-316「林下における教団経営について」で大徳寺についての解説あり。
『中世の発見』(永原慶二 吉川弘文館 1993)p304-338広瀬良弘「林下禅林・朝廷・大名」あり。曹洞宗の永平寺を中心に記述あり。
以上まで調査したところで利用者の申し出により打ち切る。
回答プロセス
(Answering process)
回答の他、以下の参考文献を確認するが、関連する記述は無し。
『日本宗教制度史の研究』(豊田武 厚生閣 1938)
『中世における社寺と社会との関係』(平泉澄 国書刊行会 1982)p127に「民間に頼る勢力ある寺院があった」との記述あり。
『日本禅宗史論集 一之上』(玉村竹二 思文閣出版 1979)p917-「臨済宗」の中に、p934「林下の盛行」の項あり。地方に隠遁した第一波、終始官寺に住しなかった第二波、中央の五山から閉め出された第三波が挙げられている。いくつか僧の名前が挙げられている。p989-「禅宗の発展」の中に、p1005「林下の興隆」の項あり。第一派が教団否定、第二波は地方豪族の外護が多かったとあり、第三波は五山からの脱退者。p1006に第一類として禅宗の俗化をを嫌った人々、第二類に教団肯定的であった人々との説明があり。この第二類を「林下」と呼び、いくつかの寺名が挙げられている。
事前調査事項
(Preliminary research)
『禅宗地方展開史の研究』(広瀬良弘 吉川弘文館 1988)p2-3に林下に関する文献があり。
NDC
各宗  (188 9版)
寺院.僧職  (185 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本禅宗史論集 一之下』(玉村竹二 思文閣出版 1979)
『中世寺院と民衆』(井原今朝男 臨川書店 2006)
『埼玉叢書 6』(国書刊行会 1972)
『武州龍淵寺史料』(長谷川宏 1976)
『竜淵寺』(さきたま出版会 1992)
『日本禅宗史研究』(竹貫元勝 雄山閣 1993)
『京都の歴史 3 町衆の躍動』(仏教大学  京都新聞社 1994)
『日本仏教宗史論集 7 栄西禅師と臨済宗』(吉川弘文館 1985)
『中世の発見』(永原慶二 吉川弘文館 1993)
キーワード
(Keywords)
禅宗-寺院-歴史
五山
室町時代
戦国時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000036335解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!