このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000035932
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
OSPR05090019
事例作成日
(Creation date)
2005年9月25日登録日時
(Registration date)
2007年07月11日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年07月13日 09時17分
質問
(Question)
『衆妙庵法難記』を読みたい。『忘れられた殉教者』(奈良本辰也、高野澄著、小学館、1972)
p216に出てくる。それによると信得院日潤が安政5年(1858年)に書いたとのこと。
あとがきに参考文献があるが、どれも所蔵していないので、未確認です。
回答
(Answer)
国立国会図書館NDL-OPACで検索したところ、「衆妙庵法難記」は、
『岡山県地方史資料叢書』第7巻に収録されているようです。
この資料は、国会図書館には所蔵されていますが、当館では所蔵しておりません。

そのほかに、当館では、
『禁制不受不施派の研究』(宮崎英修著、平楽寺書店、1959)末尾の
人名・書名索引を確認いたしましたが、「日潤」「衆妙庵法難記」とも
見当たりませんでした。
本文も簡単に見てみましたが、関係するところはなさそうでした。
他に、「不受不施派」でしらべたところ、まず『不受不施派殉教の歴史』
(相葉伸著、大蔵出版、1976)というものがありましたが、
こちらも「衆妙庵」などに関する箇所は見つけられませんでした。
また『不受不施派農民の抵抗』(安藤精一著、清文堂、1976)というものがあり、
そこで「大阪衆妙庵の法難」として、天保の大法難のことを、
同じく『衆妙庵法難記』によって紹介しています。
こちらの方が、『忘れられた殉教者』のものより、若干詳しい内容に
なっているようですが、肝心の『衆妙庵法難記』がどのような本なのか
については当館の資料では分かりませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 8版)
参考資料
(Reference materials)
『禁制不受不施派の研究』(宮崎英修著、平楽寺書店、1959)
『不受不施派殉教の歴史』(相葉伸著、大蔵出版、1976)
『不受不施派農民の抵抗』(安藤精一著、清文堂、1976)(ページ:133)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
出版情報
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000035932解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決