このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000034497
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2006-088
事例作成日
(Creation date)
2006/11/30登録日時
(Registration date)
2007年04月12日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年10月02日 11時53分
質問
(Question)
真言宗の経文「金剛界礼懺」の記載されている資料を探している。
回答
(Answer)
『大正新修大蔵経 18 密教部 1』p258の内題「剛頂経金剛界大道場毘盧遮那如来自受用身内証智眷法身異名仏最上乗秘密三摩地礼懺文」の項に、三十七尊への帰命(礼拝・嘆徳・発願・結偈)、至心懺悔、至心随喜、至心勧請、至心廻向を説いた経文が掲載されていた。
その他収録資料として「金剛界礼懺文抄 上・下」(沙門亮汰撰 1669 鹿児島県図所蔵)を紹介。
回答プロセス
(Answering process)
『日本仏教典籍大事典』p183の「金剛界礼懺文抄」(こんごうかいれいさんもんしょう)の項に、「金剛界礼懺文の内題は<金剛頂経金剛界大道場毘盧遮那如来自受用身内證智眷法身礼懺文>または<金剛頂道場礼懺文>ともいい、総敬礼、五悔、礼拝、嘆徳、発願、結偈の六段からなり、撰者が注釈を加えたもの」との記載があった。
『大蔵経全解説大事典』 典籍索引で内題を検索。p258「金剛頂経金剛界大道場毘盧遮那如来自受用身内証智眷法身異名仏最上乗秘密三摩地礼懺文」の項に「三十七尊礼懺文、金剛頂瑜伽三十七尊礼ともいい、金剛界三十七尊に対し礼拝、懺悔する法を説く。・・・真言宗で常に用いられる金剛界礼懺は本書に基づく」との記述が見つかった。
『大正新修大蔵経 18 密教部 1』p335-337の上記内題を確認したところ、三十七尊への帰命(礼拝・嘆徳・発願・結偈)、至心懺悔、至心随喜、至心勧請、至心廻向を説いた経文が見つかった。
『真言宗全書 索引』にも内題の別名「三十七尊礼懺文、金剛頂瑜伽三十七尊礼」の項目あり。
その他関連資料として、《ゆにかねっと》《NDL-OPAC》《NDL-OPAC(雑索)》《MAGAZINEPLUS》を<金剛界礼懺>で検索し、ヒットした収録資料を紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
インターネット情報ではWebサイト《 http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/kongoukaireisan.htm  金剛界礼懺 こんごうかいれいさん》(2007/02/25最終確認)に経文の掲載あり。
「智山全書 5」(智山全書刊行会 1967)「簡約真言宗読経偈文全書 1」(四季社)に収録されているようだが県内公共図書館所蔵なし。
NDC
各宗  (188 9版)
仏教  (180 9版)
経典  (183 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本仏教典籍大事典』(雄山閣出版)
『大蔵経全解説大事典』 (雄山閣出版)
『大正新修大蔵経 18 密教部 1』(大正一切経刊行会)
『真言宗全書 索引』(続真言宗全書刊行会)
キーワード
(Keywords)
真言宗
金剛界礼懺
仏教-経典
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000034497解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決