このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033964
提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
K06-002
事例作成日
(Creation date)
2006年06月20日登録日時
(Registration date)
2007年03月15日 16時47分更新日時
(Last update)
2007年04月09日 15時55分
質問
(Question)
坂口安吾『日本文化私観』の冒頭に挙げられている、竹源斎師という人物に関する略歴や生没年等を知りたい。
回答
(Answer)
①阪口安吾が同著書で批判した、ブルーノ・タウトの『日本文化私観』に「二階堂竹源斎師」という人物に関する記述がある。
②『明治大正昭和京都人名録』で「二階堂竺源」で記載され、等持院の住職をしていたことがわかる。
③異なる字が使われていた可能性も考えて、Googleで検索→水上勉が竺源師のいる等持院で修行をしていたことが判明
④水上勉の著書などにより、等持院が東亜キネマに境内の一部を撮影に貸していたことから、映画界に貢献をした人物とわかる。また朝日新聞朝刊に訃報記事が載ったとも記述されている。
⑤『大阪朝日新聞縮刷版』昭和8年8月19日夕刊2面に死亡記事あり。8月13日に75歳で死亡(数え年の可能性もある)
⇒利用者に報告、この情報でよいとのこと。(調査終了)
回答プロセス
(Answering process)
※JapanKnowledge、各新聞データベース、人名辞典類には竹源斎師では記載なし。
①坂口安吾『日本文化私観』は、ブルーノ・タウトの『日本文化私観』を批判している内容のようである。
ブルーノ・タウトの日本語訳『日本文化私観:ヨーロッパ人の眼で見た』の中に「この人とは、すなわち1933年75歳の高齢で歿した二階堂竹源斎師である。」 (p.172)とあり、等持院の住職だったらしい。

②『明治大正昭和京都人名録』の昭和の部に、「二階堂笠源」等持院住職と記載あり。生没年の記述なし。

③竹源斎師の「竹」は、異なる字が使われていた可能性がある(字通で「竹」の確認)
Googleで「(竹源 OR 笠源 OR 竺源) AND 等持院」で検索⇒作家水上勉を紹介するサイトがヒット。水上勉が竺源和尚のいる等持院で修行していたことがわかった。

④水上勉自伝『私の履歴書』(新編水上勉全集第2巻)を見ると、「住職は二階堂竺源(じくげん)といい勝山出身の方だった」(p.313)「竺源師はまた、隠岐の奥にオンドロと称する陶芸窯を築かれていた(中略)『朝日新聞』の訃報欄に『映画界に貢献』と見出しが出た」(p.318)「衣笠貞之助が岩波書店の『映画監督』を刊行される際、拙宅に見えて、等持院時代のぼくの記憶をノートにおさめられたことがあった。竺源師は、まことに映画人に親しまれた人だった。誰もが東亜キネマとよばす等持院キネマとよんだ時代がある」(p.319)などの記述あり。
また『わが六道の闇夜』(水上勉全集第12巻)を見ると、「竺源老師は、私がきて四年目の夏に、とつぜん血を吐いて寝込まれた。(中略)薬石効なく九月だったか、残暑のきびしい一日に遷化された」(p.340)などの記述あり。

⑤衣笠貞之助『映画監督』を探すが見つからず、同著者の『わが映画の青春』という本があったので見てみると、「当時の住職二階堂竺源(しゅくげん)和尚には、個人的にもいろいろとお世話をかけた」(p.39)などの記述あり。

⑥『大阪朝日新聞縮刷版』を見ると、昭和8年8月19日夕刊第2面の最下段に訃報記事あり。「二階堂竺源禅師 京都市等持院、天龍寺派別格本山等持院法主二階堂竺源禅師は、病気療養中、去る十三日午前十一時入寂した、享年七十五」などの記載あり。名前のふりがなはふられていなかった。(映画関係の記載はなし)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
ブルーノ・タウト『日本文化私観:ヨーロッパ人の眼で見た』,講談社,1992,(講談社学術文庫) BN0816312 (回答プロセス①)
『明治大正昭和京都人名録』,日本図書センター,1989 BN04031941 (回答プロセス②)
『新編水上勉全集』 第2巻,中央公論社,1996  BN13540006 (回答プロセス④)
『水上勉全集』 第12巻,中央公論社,1976  BN06087007 (回答プロセス④)
衣笠貞之助『わが映画の青春:日本映画史の一側面』,中央公論社,1977,(中公新書)  BN00302005 (回答プロセス⑤)
キーワード
(Keywords)
竹源斎師
二階堂笠源
坂口 安吾
ブルーノ・タウト
水上 勉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
研究員
登録番号
(Registration number)
1000033964解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決