このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033767
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-1996-080
事例作成日
(Creation date)
1996/08/06登録日時
(Registration date)
2007年03月09日 02時10分更新日時
(Last update)
2015年04月21日 16時08分
質問
(Question)
「踊り字」についての研究・論文を探している。特に知りたいのは、①文学表現における踊り字の文体的特徴(どのような効果があるのか)②宮沢賢治の作品に多用されていることの意味の論文があるか。
回答
(Answer)
『オノマトピア』(勁草書房)
『現代文学とオノマトペ』(小嶋孝三郎  桜楓社 1972)所収の「宮沢賢治のオノマトペ試論」があり。
『言語 1993.6 特集・オノマトペ』(大修館書店)
『現代詩読本 12 宮沢賢治』(思潮社)
『賢治奏鳴』(有精堂出版)
『詩的リズム』(大和書房)
『宮沢賢治研究Annual Vol.3』(宮沢賢治学会イーハトーブセンター)
『深層の抒情』(矢立出版)
以上の資料をを紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
「踊り字」の意味について『国語学大辞典』『事典日本の文学』『国語学辞典』『宮沢賢治語彙辞典』などに記述なし。
擬音語・擬態語(オノマトペ)ではないかという点から探索する。
NDC分類〈814〉の棚を見ると『オノマトピア』(勁草書房)があり、p140以下に賢治についての記述あり。
また、参考文献に『現代文学とオノマトペ』(小嶋孝三郎 桜楓社 1972)があり、ここに「宮沢賢治のオノマトペ試論」が収録されている。
以上の2点の他に『言語 1993.6 特集・オノマトペ』(大修館書店)『現代詩読本 12 宮沢賢治』(思潮社)『賢治奏鳴』(有精堂出版)『詩的リズム』(大和書房)『宮沢賢治研究Annual Vol.3』(宮沢賢治学会イーハトーブセンター)『深層の抒情』(矢立出版)を紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
「講談社国語辞典」
NDC
詩歌  (911 9版)
語彙  (814 9版)
参考資料
(Reference materials)
『オノマトピア 擬音・擬態語の楽園』(筧寿雄 勁草書房 1993)
「宮沢賢治のオノマトペ試論」(『現代文学とオノマトペ』小嶋孝三郎  桜楓社 1972)
『言語 1993.6 特集・オノマトペ』(大修館書店)
『現代詩読本 12 宮沢賢治』(思潮社)
『賢治奏鳴 Essays on Miyazawa Kenji』(ジェイムズ・R.モリタ 有精堂出版 1988)
『詩的リズム 音数律に関するノート』(菅谷規矩雄 大和書房 1975)
『宮沢賢治研究Annual vol.3』(宮沢賢治学会イーハトーブセンター編集委員会 1993)
『深層の抒情 宮沢賢治と中原中也 宮沢賢治論叢書2』(倉橋健一 矢立出版 1992)
キーワード
(Keywords)
宮沢 賢治(ミヤザワ ケンジ)
擬声語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000033767解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決