このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033564
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20070226-2
事例作成日
(Creation date)
2007年02月26日登録日時
(Registration date)
2007年02月26日 12時02分更新日時
(Last update)
2007年02月27日 23時08分
質問
(Question)
現在のEUとウェストファリア体制との関係について書かれた文献を探している。
回答
(Answer)
下記の『国際政治の行方』がヒットし、当館に所蔵があった。

ID: NB0417153
Title: 国際政治の行方―グローバル化とウェストファリア体制の変容
Author: 吉川/元;加藤/普章【編】
Publisher: ナカニシヤ出版
Year: 2004
Description: 主権平等と内政不干渉を基調とする国家中心のウェストファリア体制の、アジアへの拡大への過程、世界化の過程、そして冷戦の終結を契機に、大きく変貌を遂げるウェストファリア体制を分析。
Contents: ・黄昏のウェストファリア体制とその行方
・第1部 ウェストファリア体制の拡大とアジア(ウェストファリア体制とアジア国際政治;ウェストファリア体制下の日本外交の軌跡;国際構造と戦後日本の安全保障;東南アジアの民主化と地域の安定要因―フィリピンを中心に)
・第2部 ウェストファリア体制の変容と地域国際政治(欧州統合の原景―ECSC設立をめぐる政治過程;現代アフリカ国家と人々―国際政治経済学の視点から;ラテンアメリカの国際政治とその行方;中東の国際政治とその行方―中東に民主化はあるのか;中東欧におけるウェストファリア体制の変容)
・第3部 主権国家の変容と外交(途上国の外交とグローバリゼーション;ミドル・パワーは可能か―カナダ外交を事例として;西欧国際体系とアメリカ外交の軌跡;冷戦後の軍縮問題)
ISBN: 4888487995
回答プロセス
(Answering process)
ブックコンテンツ・データベースでキーワード「EU ウェストファリア」で検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
外交.国際問題  (319 9版)
参考資料
(Reference materials)
『戦うハプスブルク家 : 近代の序章としての三十年戦争』 菊池良生著 講談社 , 1995 (講談社現代新書 1282)
『現代国際関係論』 西川吉光著 晃洋書房 , 2001
キーワード
(Keywords)
EU
ウェストファリア体制
ウェストファリア・システム
ウェストファリア条約
欧州統合
ウェストファリアシステム
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000033564解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決