このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033515
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06092014354301
事例作成日
(Creation date)
2006/09/20登録日時
(Registration date)
2007年02月21日 02時12分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
朝鮮総督府の時代に現在の南山公園周辺に日本人官舎があったという。その所在地と具体的な地名を現在と当時の地図でそれぞれ確認したい。
回答
(Answer)
『ソウル(ブルーガイドわがまま歩き23)』(実業之日本社)のp74-75から現在の南山公園が市中心部の明洞南側の南山に位置していることがわかる。『朝鮮総督府施政三十年史』(名著出版)および『朝鮮総督府の歴史』(明石書店)には南山周辺の官舎、地図に関する該当情報なし。『一万分一朝鮮地形図集成』(柏書房)のp33に大正4(1915)年測図の京城1/10000地図の掲載があり、南山の麓、南山町から日之出町にかけて「官舎」の記載がある。同様に上掲書p49の大正10(1921)年修正測図の京城西北部の地図(1/10000)からも同所に官舎が確認できる。(ただし、地図上では南山以外にも景福宮の朝鮮総督府付近にも「官舎」の文字が見える)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
朝鮮  (221 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ソウル(ブルーガイドわがまま歩き23)』東京 実業之日本社,2003,271p.参照はp74-75.  朝鮮総督府著『朝鮮総督府施政三十年史』東京 名著出版,1972,932p.  藪景三著『朝鮮総督府の歴史』東京 明石書店,1994,249p.  朝鮮総督府作製『一万分一朝鮮地形図集成』東京 柏書房,1985,98p.参照はp33,49.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006092014365754301
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000033515解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!