このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033504
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06120216556227
事例作成日
(Creation date)
2011/2/16登録日時
(Registration date)
2007年02月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
備前太鼓唄に出てくる今屋火事について知りたい。
回答
(Answer)
「備前岡山さいだい町大火事に今屋が火元で五十五軒」と唄われる今屋火事は『岡山の災害』『岡山市消防史』によれば1834(天保5)年3月26日夜零時過ぎに発生した。火元は現在の表町三丁目となっている旧西大寺町通筋南側、今屋喜兵衛方で、当時の西大寺町・紙屋町を焼失、翌27日朝7時頃鎮火とある。藩の記録では「類焼七〇軒、西宝寺一宇、侍屋敷二軒」とあるが、町方の記録では西大寺町で「丸焼三十五軒」、紙屋町で「丸焼七軒」と数値が若干異なっている。『ぼっこう横丁』によれば今屋の内蔵に逃げ込んだ女子ども5人が取り残され、助けを求めるも溶けた砂糖についた猛火によりかなわず、最後には熱気と煙で死んだとされ、「飴だき五人心中」として人々の涙を誘ったと伝えている。なお『岡山市消防史』によれば今屋火事は藩政時代の五大火事(大村火事、番町火事、竹屋火事、今屋火事、紙屋町火事)の一つとしている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317 9版)
参考資料
(Reference materials)
岡長平『おかやま庶民史 目で聞く話』日本文教出版,1960.
蓬郷巌『岡山の災害』日本文教出版,1989.
岡長平『ぼっこう横丁』夕刊新聞社,1965.
岡山市消防史編纂委員会編『岡山市消防史』岡山市消防局,1988.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006120216545356227
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000033504解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!