このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033498
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06070623153174
事例作成日
(Creation date)
2006/05/22登録日時
(Registration date)
2007年02月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
70歳「古希」や77歳「喜寿」といった長寿の祝いの呼び名があるが、100歳以上についての名称はないのか。
回答
(Answer)
『今どきの冠婚葬祭』(世界文化社)の中で長寿祝いの名称として数え年100歳について「百寿」とする一方、『絵で見る慶弔事典』(三省堂)では賀寿の名称として100歳を「上寿」(じょうじゅ)としている。さらに『名数絵解き事典』(叢文社)の「百賀」の項には「百賀の祝とは一〇〇才の長寿の祝。九十九才の白寿につぐもの」とあり、「百八才」の項に「茶寿」と説明がある。『類語大辞典』(講談社)でも「茶寿」が「数え年108歳(の祝い)」という記述が確認できる。なお、『類語新辞典』(三省堂)および『日本語大シソーラス』(日外アソシエーツ)では100才以上での該当する名称は確認できない。『国史大辞典』の「通過儀礼」の項についても108才の「茶寿」までの記述までにとどまっている。 web検索サイト「google」で“茶寿”と“祝年”でAND検索をしたところ、岡山県神社庁ホームページが検索結果の一つに現れ 、当該サイト内の「神道豆知識」コーナーに「祝年には還暦61歳、古稀70歳、喜寿77歳、傘寿80歳、卒寿90歳、白寿99歳、百寿100歳、茶寿108歳、皇寿111歳、昔寿120歳、天寿182歳などがある」と説明されている。『神道事典』(弘文堂)の「還暦」の項に111歳として「皇寿(百十一歳)」が挙げられ、「皇の字が白と玉に分解され、白が同じく九十九、王が十と二からなり、十二ということで、これを合計して百十一とされる」と説明がある。また、『日本国語大辞典 第二版』(小学館)では「茶寿」と「皇寿」までの記述があったが「昔寿」の項はなく、「天寿」は具体的な年齢についての言及がない。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
佐藤秀人編『今どきの冠婚葬祭』世界文化社,2003,368p.参照はp151.  
三省堂編集所編『絵で見る慶弔事典』三省堂,2003,334p.参照はp196-197.  
南清彦著『名数絵解き事典』増補改訂版,叢文社,2001,375p.参照はp313,p323.  
三省堂企画編集部『現代冠婚葬祭事典』机上特装版,三省堂,1985,614p.参照は430p.  
柴田武ほか編『類語大辞典』講談社,2002,1495p.参照はp1009.
『国史大辞典 第9巻』吉川弘文館,1988,1088p.参照はp700.
『日本国語大辞典9』第2版,東京 小学館,2001,参照はp797.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006070623135753174
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000033498解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!