このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033494
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06121508256383
事例作成日
(Creation date)
2006/12/15登録日時
(Registration date)
2007年02月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
岡山市の甚九郎橋の位置について知りたい。
回答
(Answer)
『岡山県の地名』によれば岡山市上之町から弓之町へ渡る橋を北ノ橋と言い、甚九郎橋と呼ばれたとある。『備前岡山城郭絵図』『よみがえる岡山城下町』によればこの北ノ橋が中堀上に架かる橋であることがわかる。1898(明治31)年の『改正岡山市明細地図』には堀と橋が残っている。旧城下町と現在の町並みを合わせた地図である『元禄の岡山 よみがえる岡山城下の町割図』で確認すると、表町商店街を北進し桃太郎通りを越えた最初の十字路北側が甚九郎橋の位置となる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
平凡社地方資料センター編『岡山県の地名』平凡社,1988.岡山市地名研究会『岡山市の地名』岡山市,1989.片山新助『よみがえる岡山城下町』山陽新聞社,1996.昭和礼文社『備前岡山城郭絵図』昭和礼文社,1958.『改正岡山市明細地図』細瑾社,1898.『岡山市 玉野・赤磐市 瀬戸町』 昭文社,2005.岡山市編『元禄の岡山 よみがえる岡山城下の町割図』岡山市,1993.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006121508295656383
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000033494解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!