このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033465
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06122416256407
事例作成日
(Creation date)
2006/12/24登録日時
(Registration date)
2007年02月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
酒津焼について知りたい。
回答
(Answer)
『岡山県大百科事典』によれば、「岡山県下の代表的な焼き物の一つ」で、岡本末吉によって1876(明治9)年に窪屋郡酒津村(現倉敷市酒津)にある兜山の土を用いた作陶のため、同地に窯を設けたのを始まりとする。『岡山の焼物』によれば「こんにちでは柳宗悦主唱の民芸派の窯として名高くなった」とする。窯の変遷や作品の概要などは『くらしきのやきもの展』『新修倉敷市史 第八巻 自然・風土・民俗』などが詳しく、酒津焼と酒津焼兜山窯の二窯元が紹介されている。『くらしきのやきもの展』では作品がカラーで紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陶磁工芸  (751 9版)
参考資料
(Reference materials)
岡山県大百科事典編集委員会編『岡山県大百科事典 上』山陽新聞社 1980.桂又三郎『岡山の焼物 岡山文庫3』日本文教出版,1970.倉敷市文化振興財団編『倉敷のやきもの展 古代から現代まで』倉敷市文化振興財団,1997.倉敷市史研究会編『新修倉敷市史 第八巻 自然・風土・民俗』倉敷市,1996.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006122416272656407
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000033465解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!