このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033454
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07011317456654
事例作成日
(Creation date)
2006/11/15登録日時
(Registration date)
2007年02月21日 02時10分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
明治期以前の姫路城下の綿町の屋敷地図はないか。家主名がわかるものがよい。
回答
(Answer)
『兵庫県広域・詳細地図(県別マップル28)』(昭文社)を確認したところ、綿町は現在も姫路城下に地名として残っている。『姫路城絵図展』(姫路市立城郭研究室)のp55に姫路城下町絵図の一覧が例に挙げられているが、家主名がわかる絵図は該当がない。いずれも『姫路市史』(姫路市)の付図が出典となっている。『姫路市史 第3巻』(姫路市)の別箱「本編 近世1付図」の「姫路城下諸町絵図集」に「綿町絵図」(p27-28)の家主のわかる屋敷地図の掲載があり、年代については酒井時代初頭(1751-53年ころ)と説明されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
『兵庫県広域・詳細地図(県別マップル28)』東京 昭文社,2004,108p.参照はp13.  『姫路城絵図展』[姫路] 姫路市立城郭研究室,1998,79p.参照はp54-55.  『姫路市史 第3巻 本編近世1 付図 姫路城下諸町絵図集』姫路 姫路市,1991.参照はp27-28.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007011317404356654
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000033454解決/未解決
(Resolved / Unresolved)