このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033448
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06113016456215
事例作成日
(Creation date)
2006/05/01登録日時
(Registration date)
2007年02月21日 02時10分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
満蒙開拓青少年義勇軍の訓練所の宿舎であった日輪兵舎は、なぜ円形なのか。
回答
(Answer)
円形であった理由を明確に記述したものはみつからなかったが、次の文献に設計意図に関する記述があった。上笙一郎著『満蒙開拓青少年義勇軍』中央公論社,p.51-52,には,「一万人もの少年たちを収容する宿舎を数週間のうちに建てる必要から、いわば急場しのぎとして考案されたものにほかならない。」「建築にまったく無案内な人間が一〇人で四、五日かかれば、直径およそ一一メートル、建坪約三〇坪のものが完成した」とある。また、森本繁著『ああ満蒙開拓青少年義勇軍』家の光協会,p81には「こんな建物なら、どんなところにいても、しろうとの手で手軽に建築することができて、しかも四角な建物と違って、人員の収容力が大きく、さらにこの中に住んでいればどの位置にいても一目で全員の顔が見渡せた。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
上笙一郎著『満蒙開拓青少年義勇軍』中央公論社,p.51-52 森本繁著『ああ満蒙開拓青少年義勇軍』家の光協会,p81
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006113016400556215
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000033448解決/未解決
(Resolved / Unresolved)