このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033351
提供館
(Library)
守谷中央図書館 (2310096)管理番号
(Control number)
M20060406-1
事例作成日
(Creation date)
2006/04/21登録日時
(Registration date)
2007年02月12日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年03月29日 17時03分
質問
(Question)
守谷市内にある「金ケ崎(かねがさき)」という地名の由来を知りたい。
回答
(Answer)
郷土資料や地名辞典を中心に調査したが,由来は記載されていなかった。
資料[1]p.1489“小字一覧”により判明したことは,大字「同地(どうち)」の中に小字「金ケ崎(かねがさき)」」があったということ。
そのため,同地に関しての記載がある資料を提供した。
 資料[1]p.1209,p.1489
 資料[2]同地部分
 資料[3]p.47-50,80-81
また関連で,高井村の記述があった 資料[3]p.571,555,647,667,712 と
同地村の記述があった 資料[11]p.590,646 を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
関係しそうな資料[4]~[12]を探索したが,見つかったのは回答欄に記載した部分のみであった。
事前調査事項
(Preliminary research)
江戸時代からあった地名と推察される。
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
[1]『角川日本地名大辞典 8 茨城県』出版者:角川書店,出版年:1983.12,NDC:291.033,TRC:83-26016 (資料番号:110017431,請求記号:R291.0カ)
[2]『ゼンリン住宅地図守谷市 200601』出版者:ゼンリン,出版年:2006.01,NDC:291.31,ISBN:4-432-21506-2 (資料番号:111591582)
[3]『取手市史 通史編1』出版者:取手市教育委員会,出版年:1991.03 (資料番号:110795705,請求記号:L221)
[4]『相馬傳説集』編集:寺田喜久,出版者:相馬傳説集刊行會,出版年:1984.10 (資料番号:110826419,請求記号:L238)
[5]『北相馬郡志 影印版』著者:野口如月,出版者:崙書房,出版年:1975.10,NDC:291.3 (資料番号:111336277,請求記号:L229)
[6]『流域紀行 鬼怒・小貝』出版者:常陽新聞社,出版年:1992.11,NDC:291.31,TRC:97228375 (資料番号:111581138,請求記号:L251)
[7]『鬼怒川・小貝川 谷原領物語』出版者:鬼怒川・小貝川流域を語る会,出版年:2005.05,NDC:517.2 (資料番号:111589826,請求記号:L251)
[8]『鬼怒川・小貝川 水と暮らし』出版者:鬼怒川・小貝川流域を語る会,出版年:2002.05,NDC:517 (資料番号:111523189,請求記号:517キ)
[9]『取手町郷土史料集 第一集』出版者:取手町教育委員会,出版年:1969.03 (資料番号:111075925,請求記号:L221)
[10]『茨城県史 市町村編 3』出版者:茨城県,出版年:1981,NDC:213.1,TRC:90106989 (資料番号:111514378,請求記号:L121.0)
[11]『取手市史 通史編2』出版者:取手市教育委員会,出版年:1992.03 (資料番号:110198611,請求記号:L221)
[12]『取手市史 通史編3』出版者:取手市教育委員会,出版年:1996.03 (資料番号:110826344,請求記号:L221)
キーワード
(Keywords)
金ヶ先
同地
守谷市
地名
由来
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000033351解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!