このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033331
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-161
事例作成日
(Creation date)
2006/02/11登録日時
(Registration date)
2007年02月11日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年05月20日 14時02分
質問
(Question)
戦時中、憲兵隊や特高警察による文化人・芸能界への弾圧、介入について書かれた資料を見たい。自分の知っている話(事前調査事項欄)以外にあるか。
回答
(Answer)
芸能・歌謡界全体を見渡せる資料は見つからないが、個別の事例が掲載されている資料を提供する。
『日本流行歌史』の「処分・禁止された歌」によく知られた歌4~5曲が取り上げられ、渡辺はま子の事例あり。
『タカラジェンヌの太平洋戦争』 竹田鶴子の回想でラインダンスがカットされた事例あり。
『歌と戦争』 灰田勝彦とディック・ミネの事例あり。
『ブルースの女王 淡谷のり子』 憲兵に楽譜を押収された時の記述あり。
『哀しい歌たち』「燦めく星座」「比島決戦の歌」についての記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を書名〈特高〉や件名〈特別高等警察〉で検索した結果から次の資料を調査するが、記述はみつからず。
『外務省警察史』『日本の暗黒 1~4』『特高関係資料解説』『治安維持法と特高警察』『特高警察体制史』『特高警察黒書』『特高の回想』『昭和特高弾圧史 1・2』『特高』『続現代史資料』

自館目録を書名〈憲兵〉で検索した結果から以下の資料を調査するが記述はみつからず。
『日本憲兵外史』『日本憲兵正史』『日本憲兵昭和史』『昭和憲兵史』

芸術分野で個別の事例が掲載された資料があったので紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者の知っている話:歌手淡谷のり子とディック・ミネに対して憲兵隊が「貴様、なぜ軍歌を唄わない!それでも日本人か!」とどなりこんだ。歌手灰田勝彦の場合は、ハワイ出身という理由で監視された。
NDC
演劇史.各国の演劇  (772 9版)
国防史.事情.軍事史.事情  (392 9版)
国家と個人.宗教.民族  (316 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本流行歌史』(古茂田信男 社会思想社 1970)
『タカラジェンヌの太平洋戦争』(玉岡かおる 新潮社 2004)
『歌と戦争 みんなが軍歌をうたっていた』(櫻本富雄 アテネ書房 2005)
『ブルースの女王 淡谷のり子』(吉武輝子 文藝春秋 1989)
『哀しい歌たち 戦争と歌の記憶』(新井恵美子 マガジンハウス 1999)
キーワード
(Keywords)
流行歌-芸能人
太平洋戦争-日本史
国家と個人
治安維持
軍事史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000033331解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!