このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033310
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2006005126
事例作成日
(Creation date)
2006/10/26 0:00:00登録日時
(Registration date)
2007年02月10日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年02月10日 02時11分
質問
(Question)
「千手観音の陀羅尼」の音読用の資料はあるか。
回答
(Answer)
資料1の「千手経」および「千手陀羅尼」の項目に「「千手観音の陀羅尼」は「大悲心陀羅尼」あるいは「大悲呪」ともいう」とある。[都立DB]を<陀羅尼>または<大悲心><大悲呪>で検索し、ヒットした資料を調査すると、ルビのあるものは資料2-4である。
資料2:p.719-725に「大悲心陀羅尼」(千手観音陀羅尼)があり、かなのルビがついてる。解説によると、「伽梵達磨訳で、・・・読み方は真言宗と禅宗とでは相違があり、・・・本書に於て附した読音は其のいづれにも属していない。」とある。
資料3:p.13-18 に諸宗の「大悲呪」として、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗、古本「大悲呪」の四種がルビ付きで掲載されている。p.54-195に経文全文の原文、書き下し文、口語訳文、語注が載っているが、この原文にはルビはない。
資料4:p.138-164が「第4章 大悲呪」の部分。語句解説、和訳に続いて、p.160-164に[テキスト対照表Ⅲ]として原文の下に常用音のルビが記されている。
また、資料5には「大悲心陀羅尼」の悉曇梵文、復元ローマ字梵文、漢字音写、和訳があり、p.528-529に参考のためとして宋音表記の禅宗慣用音が付いている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経典  (183 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 日本仏教語辞典 / 岩本裕∥著 / 平凡社 , 1988.5 R/1803/3001/88
【資料2】 平成新編ダラニ大辞典 / 有賀要延∥編著 / 国書刊行会 , 1992.9 R/1830/3022/92
【資料3】 ナムカラタンノーの世界 : 『千手経』と「大悲呪」の研究 / 野口善敬∥著 / 禅文化研究所 , 1999.7 /188.8/5037/1999
【資料4】 禅宗の陀羅尼 / 木村俊彦∥著 / 大東出版社 , 1998.2 /1888/3392/98
【資料5】 梵字大鑑 / 種智院大学密教学会∥編 / 名著普及会 , 1983 /8298/33/1
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000033310解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!