このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033306
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2006005076
事例作成日
(Creation date)
2006/9/19 0:00:00登録日時
(Registration date)
2007年02月10日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年02月10日 02時11分
質問
(Question)
江戸時代の漢方医学校である医学館について書かれている資料を紹介して欲しい。
回答
(Answer)
医学史に関する資料や医学館を創設した多紀氏に関する資料を中心に調査した中より、資料1~8を紹介した。

資料1:p.327-398に第4章「医学館と医学所」として記述がある。
資料2:第4章「寛政の医療改革」の中に、「1 医学館 江戸の大学病院」(p.124-137)として記述がある。
資料3:p.9-46に「多紀元堅と江戸医学館の光芒」(小山寛二著)がある。
資料4:p.11-34の解説部分に多紀元堅の略歴や著書について記されている。p.15-16に、資料6に収録されている『時還読我書続録』の概略について、「・・・・医学館の構成、百日教育法のことなどが詳述されている。・・・」との記述がある。
資料5:昭和8年に日本医史学会が発行した資料の復刻。第5章「医学館」(p.200-249)、第6章「多紀氏及び医学館の校刻事業」(p.250-291)がある。
資料6:p.619-676に多紀元堅の著作である『時還読我書続録』が収録されており、p.633に“・・医学館ヲ作リ・・・”といった記述がある。
資料7:p.5-39の解説部分に医学館について触れている箇所がある。
資料8:p.116-126「2 医師と病と医療」のp.116-118に医学館の医師養成についてのに記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
医学  (490 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 直轄学校政策 / 吉川弘文館 , 1983.2 ( 幕末教育史の研究 1 ) /3721/404/1
【資料2】 江戸の養生所 / 安藤優一郎∥著 / PHP研究所 , 2005.1 ( PHP新書 334 ) /498.0/5240/2005
【資料3】 漢方医学の源流 : 千金方の世界をさぐる / 千金要方刊行会∥編 / 毎日新聞開発 , 1974 /4909/25/74
【資料4】 多紀元堅 1 / 多紀元堅∥著 / 名著出版 , 1981.5 ( 近世漢方医学書集成 48 ) /4909/54/48
【資料5】 多紀氏の事蹟 / 森潤三郎∥著 / 大空社 , 1998.12 ( 伝記叢書 308 ) /4902/3119/98
【資料6】 多紀元堅 5 / 多紀元堅∥著 / 名著出版 , 1981.7 ( 近世漢方医学書集成 52 ) /4909/54/52
【資料7】 多紀元簡 1 / 多紀元簡∥著 / 名著出版 , 1980.7 ( 近世漢方医学書集成 41 ) /4909/54/41
【資料8】 日本医療史 / 新村拓∥編 / 吉川弘文館 , 2006.8 /490.2/5052/2006
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000033306解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!