このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033239
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-1999-026
事例作成日
(Creation date)
1999/06/24登録日時
(Registration date)
2007年02月07日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年07月13日 11時15分
質問
(Question)
周恩来が19歳の時、張鴻詰に送った自作の詩「大江歌罷掉頭東 還密群科済世窮 面壁十年図破壁 難酬蹈海亦英雄」(「周恩来伝 上」より)の解釈を知りたい。
回答
(Answer)
『人間周恩来』(蘇叔陽 サイマル出版会 1982)及び『革命児周恩来の実践』(新井宝雄 潮出版社 1979)に、読み下し文・大意・この詩が作られた当時の状況について記述あり。以下、『人間周恩来』より引用。
「大江 歌うを罷(や)め 頭を掉(めぐら)せて 東す/群科(もろもろのがくもん)邃(きわむ)ること密に 世の窮(くるし)むを 済(すくわ)んとす/壁に面(むか)うこと十年 壁を破らんと 図る/酬(むくわ)るるは難(かた)しといえども 海にとび蹈(い)る 亦 英雄」
なお、質問2句めの第1字「還」は、「邃」の誤りと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
周恩来の関係資料を探索する。
『文物で語る周恩来』の年譜に、1917年6月渡日にあたり質問の詩を書いたという記述あり。
『革命児周恩来の実践』『人間周恩来』に読み下し文及び解釈あり。
他に参照した資料は、以下のとおり。
『周恩来選集』『周恩来と毛沢東』『周恩来評伝』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
詩歌.韻文.詩文  (921 9版)
参考資料
(Reference materials)
『人間周恩来』(蘇叔陽 サイマル出版会 1982)
『革命児周恩来の実践』(新井宝雄 潮出版社 1979)
キーワード
(Keywords)
周 恩来(シュウ オンライ)
漢詩-中国
伝記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000033239解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決