このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033233
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-1999-041
事例作成日
(Creation date)
1999/08/11登録日時
(Registration date)
2007年02月07日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年07月18日 14時48分
質問
(Question)
ロシアの収容所があったチュナを訪れたいので、場所を知りたい。
回答
(Answer)
〈チュナ〉は、イルクーツク州〈タイシェト〉にあり。
〈タイシェト〉は、『コンサイス外国地名事典 第3版』によれば、ロシア中部、イルクーツク州西部の都市。イルクーツクの北西約560kmに位置する。[55°57′N, 98°00′E]。『世界大アトラス』(小学館)等の地図帳で確認できる。また、抑留関係資料の添付地図等にも記載あり。〈チュナ〉は、バム鉄道(タイシェト~ブラーツク間)沿線にあり。その他『回想のシベリア』(斎藤六郎)添付資料「タイシェト(七)地区収容所分布要図」、『イルクーツク・バイカル湖』などもあわせて紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
『世界地名大事典』(朝倉書店)『世界地名辞典 西洋篇』(東京堂書店)等の地名事典に〈チュナ〉なし。
抑留関係資料やガイドブック等にあたると、『回想のシベリア』及び『イルクーツク・バイカル湖』の地図に、〈チュナ〉の記載あり。タイシェト内に位置する。
タイシェトの場所は、『コンサイス外国地名事典』等の地名事典に説明があり、地図帳でも確認できる。
『アルバム・シベリアの日本人捕虜収容所』(朝日新聞社)の「ソ連・外蒙内各地点死亡者発生状況概見図」、『引揚援護の記録 続』(厚生省)の「ソ連邦における日本人抑留分布図」ほか、抑留関係資料にも簡略な地図あり。

他の参照資料は以下のとおり。
『外国地名レファレンス事典』(追跡調査に使用)『ロシア・ソ連を知る事典』『地球の歩き方 ロシア』『シベリア捕虜収容所 上・下』『シベリアの日本人捕虜たち』『西伯利(シベリア)及び満州』『引揚げと援護三十年の歩み』ほか
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
アジア  (292 9版)
参考資料
(Reference materials)
『イルクーツク・バイカル湖』(石川県ロシア協会 橋本確文堂 1997)
『回想のシベリア 全抑協会長の手記』(斎藤六郎 1988)
『コンサイス外国地名事典 第3版』
『世界大アトラス』(小学館 1989)
『引揚援護の記録 続』(引揚援護庁長官々房総務課 厚生省引揚援護局総務課 1955)
『シベリア捕虜収容所 上』(若槻泰雄 サイマル出版会 1979)
『シベリアの日本人捕虜たち ロシア側から見た「ラーゲリ」の虚と実』(セルゲイ・I.クズネツォフ 集英社 1999)
キーワード
(Keywords)
地図-シベリア
地名ーチュナ-ソビエト連邦-ロシア
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000033233解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!