このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032580
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-1999-014
事例作成日
(Creation date)
1999/06/01登録日時
(Registration date)
2006年12月29日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年08月19日 11時30分
質問
(Question)
一定面積に木がどれくらいはえるかを表す単位(現在は体積で示す)について、1600年代当時はどういう単位が使われていたか。「アメリカ森林開発史」などを見てほしい。翻訳のために知りたい。
回答
(Answer)
調査途上でわかった〈材積推定〉の語を手がかりに以下の資料の記述を紹介する。
『林木材積測定学』p4に林木材積測定の単位の記述あり。p6に米国における材積測定単位あり。①立方呎(cubic foot)、②ボード・フート(board foot)、③コード(cord)。
回答プロセス
(Answering process)
『アメリカ森林開発史』に記述なし。
『歴史の中の単位』『単位の辞典』等単位の辞典にもなし。
『森林の百科事典』p704の表に「蓄積量1ha当り(立方米/ha)」とあり。蓄積量とは胸高直径10m以上のすべての樹木の樹皮を含めた幹の合計材積とあり。p295に材積推定(1本1本の樹木あるいは樹木の集団の樹幹の体積(材積)を推定すること)の記述あり。
『林木材積測定学』p4に林木材積測定の単位の記述あり。時代、国、測定する樹木の部分、用途、樹種により異なるとのこと。p6に米国における材積測定単位あり。①立方呎(cubic foot)、②ボード・フート(board foot)、③コード(cord)。
以上を連絡すると、だいぶ様子がわかったので打ち切りでよいとのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
森林史.林業史.事情  (652 9版)
森林施業  (655 9版)
参考資料
(Reference materials)
『林木材積測定学』(中山博一 金原出版 1969)
キーワード
(Keywords)
森林調査
アメリカ(合衆国)-林業史
材積表(林業)-単位
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000032580解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!