このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032530
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2000-007
事例作成日
(Creation date)
2000/04/18登録日時
(Registration date)
2006年12月29日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年09月02日 10時13分
質問
(Question)
民事裁判において遺言書の筆跡鑑定の結果報告後、再度筆跡鑑定を行使してもらう方法や、再鑑定が無理であるという場合の理由等が載っている資料を探している。
回答
(Answer)
質問要旨の「筆跡鑑定の結果報告後」の意味が、①判決が出た後ということなら『訴訟は本人で出来る』のp187以降に記述あり。②鑑定結果報告を受けただけの段階という意味なら『国民法律百科大辞典』〈鑑定〉の項に詳しい記述あり。あわせて、以下の関連資料と質問者在住市の法律(弁護士)相談を紹介する。『日常生活の法律相談』『判例タイムズ 539、682、706、945』『判例時報 1150、1576』『科学裁判と鑑定』。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民法.民事法  (324 9版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
『訴訟は本人で出来る』(自由国民社) (判年等の書誌未確認)
『国民法律百科大辞典 1 ア~カ』(伊藤正己 ぎょうせい 1985)
『日常生活の法律相談』(谷川久 学陽書房 1976)
『判例タイムズ 539、682、706、945』
『判例時報 1150、1576』
『科学裁判と鑑定』(中野貞一郎 日本評論社 1988)
キーワード
(Keywords)
遺言
民事裁判
筆跡鑑定(法医学)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000032530解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!