このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032437
提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2006-11-26
事例作成日
(Creation date)
2006年11月26日登録日時
(Registration date)
2006年12月26日 15時38分更新日時
(Last update)
2010年07月14日 17時06分
質問
(Question)
「いただきます」「ごちそうさま」などの食事のあいさつの語源が知りたい。
回答
(Answer)
『決まり文句語源辞典』p31,118によると下記のとおり。もっと詳しく知りたかったが、これにとどまった。
いただきます…頂くは、もとは物を頭に載せること。食べ物を頂くとは、神や貴人の前で、改まった儀式の日に、神と人とが同じ物を食べるとき、食べ物を頭とか額に押しいただいたことから。
ごちそうさま…「馳走」は、もとは走りまわること。食事の用意に走りまわることから、食事のもてなしの意味になり、歓待の意味も飲食物に限られることになった。
回答プロセス
(Answering process)
1.NDC813.6語源辞典を見るが掲載なし。

2.風俗習慣382.1 383.8 385をブラウジングするが、掲載なし。

3.国語辞典には「いただきます」が掲載されているが、「食事の前のあいさつ」など簡単な記述のみ。再度813語源の書架をブラウジングし,
回答資料(参考資料①)に記述があるのを見つける。

4.「食育」をキーワードに検索するが、語源の記述はなし。参考資料③には食への感謝の意味で記載されているのみ。雑学に関する本にもなし。

5.Googleで「いただきます」「語源」で検索すると、TBSラジオ「永六輔その新世界」(土曜朝8時半~、放送エリア・関東1都6県)で昨秋、「いただきます」を巡る話題が沸騰したことがわかる。( http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20060122/p1  2006/9/16確認)永六輔氏が調べたところによると、「あなたの命をわたしの命としていただきます」ということらしいが、資料では見つからなかった。

6.「いただきます」+「なぜ」+「語源」でネット検索すると、『この言葉の語源を言えますか?』(KAWADE夢文庫 河出書房新社 2002.7)の目次に“「いただきます」はもともとこの人に向かって言った言葉”とある。県内図書館所蔵なし。実際に現物を見るが、はっきりとした典拠はなかったとのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813)
参考資料
(Reference materials)
『決まり文句語源辞典』 堀井令以知/編 東京堂出版 1997年 813.4/ホリイ
キーワード
(Keywords)
語源
あいさつ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
近畿大学図書館様より、以下のような情報提供がありました。

身近なことばの語源辞典 / 西谷裕子著 小学館 , 2009.11 ISBN:9784095041780
p.76「いただきます」
p.78「ご馳走様」
また、p.41のコラム「ご馳走」に「本来、「馳走」は馬を走らせる意。転じて、客をもてなすために、料理の材料を求めて走り回ることをいい、さらにもてなしのための料理のことも意味するようになった。」がありました。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000032437解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!