このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032232
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06082217353805
事例作成日
(Creation date)
2006/08/22登録日時
(Registration date)
2006年12月08日 02時12分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
ポツダム宣言受諾を決定づけた最高会議のメンバーとその議論の流れについて知りたい。
回答
(Answer)
『写説無条件降伏』(ビジネス社)によると、ポツダム宣言受諾前の最高戦争指導会議構成員会議メンバー六巨頭は「鈴木首相、東郷外相、阿南陸相、米内海相、梅津参謀総長、豊田軍令部総長である」(p114)とある。また、1945年8月9日未明のソ連参戦の報を受け、午前十一時前に最高戦争指導会議構成員会議が開始、その後、上記メンバーに枢密院議長の平沼騏一郎が加えられ、翌日未明まで続く御前会議へと至っている。以上の経緯が同書p114-121において具体的な協議の流れ・列席者の発言内容とともに参照できる。そのほか、『大東亜戦争秘史』(原書房)のp138-p149にも同様の経緯が記されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
太平洋戦争研究会編『写説無条件降伏』東京 ビジネス社,2006,159p.参照はp114-121.  保科善四郎著『太平洋戦争秘史』東京 原書房,1975,244p.参照はp138-149.   大森実著『日本はなぜ戦争に二度負けたか』東京 中央公論社,1998,417p.参照はp17-30.  藤田宏郎編著『戦後日本の国際関係-解説と資料-』京都 晃洋書房,2004,266p.参照はp20-23.   仲晃著『黙殺(下)』東京 日本放送出版協会,2000,336p.  迫水久常述『最後の御前会議における昭和天皇御発言全記録』東京 昭和天皇崇敬会,[200-],23p.  角田房子著『一死、大罪を謝す』東京 新潮社,1980,270p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006082217331753805
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000032232解決/未解決
(Resolved / Unresolved)