このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032219
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06072707453491
事例作成日
(Creation date)
2011/2/16登録日時
(Registration date)
2006年12月08日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
岡山県内の城について知りたい。
回答
(Answer)
岡山城、津山城、備中松山城、備中高松城など県内でも著名な城は個々に図書がある。それ以外では各地域の郡市町村史に記事がある。これら資料の基になったのが江戸時代の地誌・軍記物である。このうち地誌では、備前については「和気絹」「東備郡村誌」「備陽国誌」「吉備温故秘録」「吉備前鑑」などであり、『吉備群書集成』に収録されている。また美作は『作陽誌』などに記事があり、備中は『備中誌』などに記事がある。一方、軍記物には「備前軍記」「天神山記」などがあり、これらも『吉備群書集成』に所収されている。これら地誌・軍記物などに記載されている城を集成したものとして『岡山県通史 上』に「古城址一覧」として備前235城、備中241城、美作国166城の計642城の集成がある。この他の資料としては『美作古城史』などがあり、『岡山の山城を歩く』では、県下の主要な山城127城を紹介している。また『日本城郭大系 13 広島・岡山』にも県内の主要な城の概要が掲載されている。この他、場所が特定できる場合は『改訂 岡山県遺跡地図 第1~9分冊』をみれば、城に関する簡潔な記事を得ることができる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『吉備群書集成 第一輯~第三輯、第五輯、第八輯』吉備群書集成刊行会,1921.
長尾勝明『新訂訳文作陽誌 上・中・下巻』日本文教出版,1963.
吉田徳太郎編『備中誌 上・下編』日本文教出版,1962.
寺阪五夫編『美作古城史』作陽新報社,1977.
永山卯三郎編『岡山県通史 上編』岡山県通史刊行会,1962.
森本基嗣『新版 岡山の山城を歩く』吉備人出版,2004.
『日本城郭大系 13広島・岡山』新人物往来社,1980.
岡山県教育委員会編『岡山県遺跡地図 第1分冊~第9分冊』岡山県教育委員会,2003.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006072707485953491
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000032219解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!