このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032218
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06051217052428
事例作成日
(Creation date)
2011/2/16登録日時
(Registration date)
2006年12月08日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
地場大師八十八ヵ所について知りたい。
回答
(Answer)
霊場で検索した『備中の霊場めぐり』では福田の地場大師巡りともいう。福田という地名は現存していないが、地名の変遷がわかる『岡山県市町村合併誌 総編』から地場大師のある妹尾崎、山田が旧福田村に所属していたことがわかる。開設に関わる伝承は『地場大師八十八ヵ所調査報告書』によれば特には残っていないとされ、諸資料から開設の時期は1780年代の天明年間と1790年代の寛政年間の二説が想定されている。行程は四国八十八ヵ所の百分の一といわれ、三里六丁、約13㎞ほどで1日あればまわることができる。お堂や石仏は地元民により現在に至るまで大事に祀られており、札所も100をこえる。巡礼も大内田の千手寺では年3回、地元民を中心に主催している。近年、岡山県の流通センターの造成により、一部変更が行われている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏教  (180 9版)
参考資料
(Reference materials)
岡山市大内田周辺民俗文化財調査委員会編『地場大師八十八ヵ所調査報告書』岡山市大内田周辺民俗文化財調査委員会,1981,186p.
笠石隆秀編『わたくしたちの福田村』1983,389p.
川端定三郎『備中の霊場めぐり 岡山文庫』日本文教出版,1993,172p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006051217003152428
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000032218解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!