このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032204
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06033014152123
事例作成日
(Creation date)
2005/11/04登録日時
(Registration date)
2006年12月08日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
明治時代の高等小学校には授業料があったのか。どの法律を根拠に設定されていたのかを知りたい。
回答
(Answer)
授業料は,「小学校令」(明治19年勅令第14号)により、府知事県令の定むる所に依るとされている。その後、高等小学校のみ明治33年勅令第344号の後も府県知事が決定し,文部大臣が追認する流れになっていた。 岡山県は,明治19年に小学校に関する規程が出されている。中村勝男編著『資料が語る明治の高等小学校』中村勝男,1997,p.120-141.に詳しい記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法律  (320 9版)
参考資料
(Reference materials)
内閣官報局編『明治年間法令全書』第33巻ノ8,原書房,413p. 中村勝男編著『資料が語る明治の高等小学校』中村勝男,1997,p.120-141.山陽新報社編『岡山県報 明治30年』山陽新報社,1897,岡山県編『岡山県布達 明治19年 雑号・甲号』岡山県,1886,仲 新〔ほか〕編集『学校の歴史 第2巻』第一法規,1979
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006033014174652123
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生
登録番号
(Registration number)
1000032204解決/未解決
(Resolved / Unresolved)