このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032183
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06042510052318
事例作成日
(Creation date)
2005/12/09登録日時
(Registration date)
2006年12月08日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
ヴィヴァルディのオペラ“バジャゼット”の元となった人物・話について知りたい。
回答
(Answer)
『作曲家別名曲解説ライブラリー 21 ヴィヴァルディ』(音楽之友社)巻末の「ヴィヴァルディ作品リスト」によると、「オペラ《バヤゼット》(1735初演,ヴィヴァルディが最も多くの曲を作曲)」とあり、バジャゼット(bajazet)と別表記ながらも、同じオペラ曲であることがわかる。朝日新聞データベース「聞蔵」により“バヤゼット”で検索したところ、朝日新聞2006年2月23日付夕刊5面に「オペラ『バヤゼット』血湧き肉躍る古楽器演奏」という見出しで「ダッタンの皇帝タメルラーノと、彼に幽閉されているトルコ皇帝バヤゼットとの名誉をかけた争いに加えて、バヤゼットの娘アステリアをめぐる三角関係が絡んでくる、といったストーリー」という紹介がある。『岩波西洋人名辞典』では、トルコ皇帝バヤゼットが「バヤズィド1世」や「バヤジット1世」で、「タメルラーノ」が西洋では一般に「ティムール」という呼称であることがわかる。作品の時代背景として、『世界史研究双書26トルコの歴史』(近藤出版社)において「1402年7月20日ティムールとバヤズィト一世はアンカラの北東部で大決戦をくりひろげた。十五世紀全般の世界史に対して大きな影響を与える『アンカラの戦い』がそれである」(128p)との記述がある。 他にも、以下の資料等で索引から「バヤジッド1世」と「ティムール」の関連記述が参照できる。 『ラルース図説世界史人物百科Ⅰ』(原書房)、 『世界各国史9 西アジア史Ⅱイラン・トルコ』(山川出版社)、『世界の都市の物語4 イスタンブール』(文藝春秋)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
西南アジア.中東[中近東]  (227 9版)
参考資料
(Reference materials)
フランソワ・トレモリエールほか編『ラルース図説世界史人物百科Ⅰ』東京 原書房,2004,483p.参照はp413-4.『西アジア史Ⅱイラン・トルコ』東京 山川出版社,2002,476p,73p. 陳舜臣著『世界の都市の物語4イスタンブール』東京 文藝春秋,1992,1冊,参照はp183-4.三橋冨治男著『世界史研究双書26トルコの歴史』東京 近藤出版社,1990,276,9p.参照はp119-131.『岩波西洋人名辞典』増補版,東京 岩波書店,1981,1962,282p.参照はp855,p1057.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006042510064852318
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000032183解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!