このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031857
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2001-001
事例作成日
(Creation date)
2001/04/10登録日時
(Registration date)
2006年12月02日 02時12分更新日時
(Last update)
2008年10月08日 13時27分
質問
(Question)
太平洋戦争における以下の数を知りたい。①日本人の戦死者数、②原爆での死亡者数、③空襲での死亡者数、④軍馬と軍用犬の被害。
回答
(Answer)
いずれも調査機関や調査時によって数が異なる。以下の資料を提供する。
①『昭和史事典』(『別冊一億人の昭和史』)に昭和24年度経済安定本部による報告、『日本陸海軍事典』に厚生省援護局の昭和39年の統計(軍人軍属のみ)あり。
②『日本大百科全書』「経済安定本部報告」の項、『核兵器白書』『広島・長崎の原爆災害』『原水爆被害白書』にそれぞれ統計あり。
インターネットでは中国新聞のサイトから、広島県警察本部・広島市・厚生省(国勢調査)等様々な調査が継続して行われていることがわかる。
③『日本大百科全書』に記述あり。
④被害数掲載資料なし。『日本陸海軍事典』に所有数ならあり、軍馬は大半が戦死もしくは病死。
回答プロセス
(Answering process)
追記:経済安定本部の調査については『史料・太平洋戦争被害調査報告』に詳しい。
事前調査事項
(Preliminary research)
①については「世界史アトラス」(「イミダス 2001 別冊」所収)に犠牲者数あり。
NDC
日本史  (210 9版)
国防史.事情.軍事史.事情  (392 9版)
参考資料
(Reference materials)
『昭和史事典』(『別冊一億人の昭和史』) (書誌未確認)
『日本陸海軍事典』(原剛 新人物往来社 1997)
『核兵器白書 ウ・タント国連事務総長報告』(国際連合 鹿島研究所出版会 1968)
『広島・長崎の原爆災害』(広島市・長崎市原爆災害誌編集委員会 岩波書店 1979)
『原水爆被害白書 かくされた真実』(原水爆禁止日本協議会専門委員会 日本評論新社 1961)
キーワード
(Keywords)
太平洋戦争
戦争史-日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000031857解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決