このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031856
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2001-005
事例作成日
(Creation date)
2001/04/14登録日時
(Registration date)
2006年12月02日 02時12分更新日時
(Last update)
2008年10月08日 14時08分
質問
(Question)
契約書類上の消費税額の部分の「5/105」という数字(率か)の根拠を知りたい。消費税法の条文は確認済み。
回答
(Answer)
『私たちの税金 平成8年度版』「納付税額の計算方法」に、「税込経理の場合には3/100 に代え、3/103を用いる」とあり。
消費税が5%になって以降の資料では『消費税実務ハンドブック』「税込価格の課税標準」に、「税込価格で経理した場合には(税込価格×1/1+税率)の算式により求めた金額が課税標準になる」とあり。
『実務消費税法』「消費税の会計処理」には、税抜経理・税込経理についての解説あり。税込経理の計算の例として(税込取引額)×5/105=(消費税額)という式あり。
以上の資料を提供する。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
租税  (345 9版)
参考資料
(Reference materials)
『私たちの税金 平成8年度版』(国税庁 1996)
『消費税実務ハンドブック』(木村亘 税務研究会 1997)
『実務消費税法』(山本守之 税務経理協会 1997)
キーワード
(Keywords)
消費税
税法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000031856解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!