このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031823
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-151
事例作成日
(Creation date)
2006/06/09登録日時
(Registration date)
2006年12月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年12月02日 10時28分
質問
(Question)
昭和20年代の埼玉県内(特に越谷市周辺)のと畜場、進駐軍がと畜場に対して行った衛生面の指導について知りたい。
回答
(Answer)
まとまった資料はないが、記述のあった以下の資料を紹介する。
『衛生統計年報1950』(埼玉県衛生部)p359 屠場一覧あり。県内14か所 「越ヶ谷と場 町営」の記述あり。
『埼玉県畜産要覧 昭和27年』(埼玉県農林部畜産課)p42 と屠一覧あり。県内14か所、経営主体の記載はない。
『埼玉の畜産1957』(埼玉県農林部畜産課)p29 と場一覧あり。県内14か所、経営主体の記載はなし。
『埼玉新聞 昭和24年5月23日』に「越ヶ谷に畜産会社」として、日本畜産興業会社設立の記事あり。「草加町内の有志が発起で資本金二万円で日本畜産興業会社を21日設立、・・・(以下略)」
設立の経緯等の記述はない。
『埼玉軍政部資料調査報告書』(埼玉県県民部県史編さん室 1990)p96-98 屠殺場としてGHQ埼玉軍政部の文書目録に関係文書の記述あり。p190-234 埼玉軍政部の作成した月例報告(公衆衛生部門)の翻訳中に屠殺場の衛生状況に関する記述あり。なお、当該文書(マイクロフィルム)は県立文書館所蔵。
『GHQ日本占領史 第22巻公衆衛生』(日本図書センター 1996)p172-175 p246 p274
「食肉・乳製品の検査」に衛生指導に関する簡略な記述と、付録にGHQの指示文書(訳文)あり。
『近現代日本人物史料情報辞典』(吉川弘文館 2004)p429~430
国立国会図書館所蔵の山本勝市氏の日記および回顧録(県立図未所蔵)に簡略な解説あり。
回答プロセス
(Answering process)
関連する資料を調査し、記述のあった資料を紹介した。
越谷市に問い合わせたところ、越谷市行政文書の中にと畜場(昭和20~24年)綴りが3冊あることがわかったが、質問者が既に調査済みであったので、回答に含めず。
『埼玉雑索』は該当する記事なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
事前調査事項;戦後、進駐軍の指導により、東京周辺のと畜場に対し、衛生面に対する改善命令が発動されると、と畜場は現状のままでは困難となり、その結果、廃業を余儀なくされると畜場もあった。昭和20年代当時、越谷一帯には複数の町営と畜場が存在しており、運営主体であった町は対応に苦慮していた。その状況を知った当時の国会議員、山本勝市氏は昭和24年、周辺と畜場を統合した上で赤山町に民間と畜場を設置した。また、設立当初、越谷町議会議長が役員を勤めた。
NDC
畜産製造.畜産物  (648 9版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『衛生統計年報 1950』(埼玉県衛生部)
『埼玉県畜産要覧 昭和27年』(埼玉県農林部畜産課)
『埼玉の畜産 1957』(埼玉県農林部畜産課)
『埼玉新聞 昭和24年5月23日』
『埼玉軍政部資料調査報告書』(埼玉県県民部県史編さん室 1990)
『GHQ日本占領史 22 公衆衛生』(日本図書センター 1996)
『近現代日本人物史料情報辞典』(吉川弘文館 2004)
キーワード
(Keywords)
屠場
衛生行政
越谷市-埼玉県-歴史
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
国立国会図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例-参考資料-埼玉新聞-解決
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000031823解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!