このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031809
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2006-028
事例作成日
(Creation date)
2006/07/18登録日時
(Registration date)
2006年12月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年10月16日 13時35分
質問
(Question)
酸化力の強い化学物質(酸化剤)について記載してある文献がみたい。ケミカル反応を確かめたい。ただし鉛・硫酸・塩酸など人体への害が大きいものは除く。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があった。
■『日本大百科全書 10』〈酸化剤〉主な酸化剤の記載あり。
■『身近な化学の実験と化学の基礎』(東洋館出版社 1998)p130 第7章 燃焼と酸化還元反応/9 酸化剤と還元剤の中に「酸化剤」の例として、酸素、オゾン、過酸化物、酸素酸イオン、ハロゲン分子、金属 イオンが挙げられている。硝酸、次塩素酸溶液、過酸化水素水、さらし粉、二酸化マンガン、酸化銅(II)、酸化塩(I)、(II)、塩化鉄(III)、ニクロム酸カリウム、過マンガン酸カリウムを試料とした実験例の簡略な図あり。
■『大学生の化学』(三共出版 2001)p141 9 酸化と還元の中に「主な酸化剤と還元剤」と「主な漂白剤」の表がある。「主な酸化剤」については、試薬(塩素、オゾンなど)と反応(化学反応式)の記載あり。「主な漂白剤」については、「酸化剤」は塩素系=次亜塩素酸ナトリウム さらし粉、酸素系=過炭酸ナトリウム、過酸化水素、過ホウ酸ナトリウムに分けられ、塩素系は「酸素と混合すると塩素を発生し、人体に危険であるから、その使用に当たっては十分に注意をする必要がある。」という注がある。
■『やさしく学べる基礎科学』(森北出版 2003)p148-149に「酸化剤、還元剤の強さと単極電位」という参考項目あり。酸化剤の単極電位の測定により、酸化剤の強さの順を決めることができるという記述があり、酸化剤の強弱順に化学反応式を掲載した表あり。
■『定量分析化学 改訂版』(培風館 1982)p253-274 11 酸化還元滴定の応用の項目があり、酸化還元試薬の性質、溶液の標定の方法、分析の応用についての記述あり。
■『実験化学講座 17 有機化合物の合成 5 酸化反応(第5版)』(丸善株式会社 2004) 専門的な内容で、各物質の酸化についての説明、反応の様式、実験法についての記述で1冊が構成されている。実験の紹介においては、危険をともなう場合の注意事項についても記述されている。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を書名〈酸化〉で検索、およびNDC分類(43)の書架にあたる。また《NDLOPAC(雑索)》を〈酸化力〉で検索し2件ヒットするが、該当誌は県内所蔵館なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
物理化学.理論化学  (431 9版)
化学  (430 9版)
参考資料
(Reference materials)
『身近な化学の実験と化学の基礎』(東洋館出版社 1998)
『大学生の化学』(三共出版 2001)
キーワード
(Keywords)
化学
酸化
化学反応
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000031809解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!