このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031722
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-0777
事例作成日
(Creation date)
2006年10月20日登録日時
(Registration date)
2006年11月28日 18時04分更新日時
(Last update)
2006年11月28日 18時04分
質問
(Question)
明治初めに尾張藩から岩村藩主・松平乗命に嫁いだ釣姫について資料はないか。また、輿入れの道筋だった下街道(名古屋-高山陣屋[土岐市]-岩村)の行程が何里ぐらいになるのか知りたい。
回答
(Answer)
1 釣姫について
 事前調査済みの『土岐市史』『土岐津町誌 上』以外の資料では、樹神弘編『岩村町歴史シリーズ』(岩村町教育委員会)第2号に「薄幸の女性 清月院鈞姫」として特集が組まれており、これを紹介。
 だが質問者によると、この資料の内容に疑問があり、改めて調査をしているとのことだった。
 ※資料によって「釣姫」「鈞姫」の2通りの表記がある。
 上記以外にはまとまった記述のある資料を見つけられず。

2 下街道の行程について
・桜井芳昭『尾張の街道と村』(第一法規出版,1997)に引用されている資料によると以下の通り。
「東海木曽細記」(明和2[1765]年)による宿間里程(下街道)
「名古屋-(2里)-勝川-(2里半)-坂下-(1里半)-内津-(1里8丁)-池田-(2里)-高山(天領)-(1里)-土岐(岩村領)-(1里)-釜戸(大島家知行)-(3里)-大井」
「信州善光寺道中記」(安藤直太郎氏蔵、引用している『尾張の街道と村』中には成立年表示なし、善光寺詣が広まるのは江戸時代中期以降)
「名古屋-(1里)-大曽根-(1里)-勝川-(1里半)-坂下-(1里半)-内津-(2里)-池田-(2里)-高山-(1里)-土岐-(1里)-釜戸-(1里10丁)-竹折」

・『美濃飛騨郡界変遷及街道図』(一信社,1931)記載、明治20年板行の案内記による里程では以下の通り。
「名古屋街道  恵奈郡竹折ヨリ名古屋ヘ出ヅ
  竹折 (次の駅へ)二里
   ×釜戸
  土岐       一里
  高山       二里
   ×多治見
  池田       一里十八丁
 尾張内津ヨリ名古屋マデ六里、東海道宮マデ一里十九丁」

・竹折から岩村までの里程が記載された資料はみつからなかった。参考として『ぎふの自然歩道90万歩』(下里正臣,1998)に、野井バス停から明智鉄道岩村駅までのコースが記載されているものを紹介。
「野井バス停・野井武並神社-(大名街道に入る)2.0k-小ヶ沢池-1.0k-茶屋場所跡-1.6k-夕立山園地-0.8k-夜泣き松-1.1k-上平-1.2k-根ノ上-1.0k-希菴塚-(塔ヶ根を下り大名街道とわかれる)2.5k-岩村駅」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『土岐市史 第2巻』(土岐市史編纂委員会,1971)『土岐津町誌 上』(土岐市土岐口財産区,1997)に記述があるが、こちらは確認済みとのこと。
NDC
中部地方  (215 9版)
参考資料
(Reference materials)
『土岐市史 第2巻』(土岐市史編纂委員会,1971 郷土:251/ト)
『土岐津町誌 上』(土岐市土岐口財産区,1997 郷土:251/ト)
樹神弘編『岩村町歴史シリーズ』(岩村町教育委員会 郷土書庫:255.6/イ)
桜井芳昭『尾張の街道と村』(第一法規出版,1997 郷土:682/サ)
『美濃飛騨郡界変遷及街道図』(一信社,1931 郷土:290.38/ミ)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000031722解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!