このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031482
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
北九-2006-0040
事例作成日
(Creation date)
2006年11月11日登録日時
(Registration date)
2006年11月11日 11時46分更新日時
(Last update)
2012年12月26日 16時19分
質問
(Question)
化粧品の成分・原料について書かれた資料はありますか。
回答
(Answer)
 『化粧品成分事典』は、肌のしくみ、化粧品の基礎知識、化粧品の種類、化粧品の含有成分用途解説、化粧品の成分事典の構成で書かれています。
 『化粧品の実際知識』は、商品知識シリーズの1冊で化粧品の歴史から薬事法でいう化粧品の定義、化粧品の流通経路、皮膚の構造など、化粧品の安全性まで成分解説をしながら、専門的に解説されています。
 『バイオ化粧品』は、先端技術バイオテクノロジーをキーワードに化粧品を解説しています。
 『お化粧と科学』は、お化粧という関心の深いものに科学の話を交えることによって、科学を身近なものに感じて欲しいと企画された本です。
 『化粧品原料と製品技術』は、自然回帰、天然物志向という消費者ニーズを受けて、医学、薬学、化粧品学、原材料化学の専門家の論文集です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『化粧品成分事典』 小沢王春監修 萬 2003年 (576.7/ケ)
『化粧品の実際知識』第2版 垣原高志著 東洋経済新報社 1987年 (576.7/カ)
『バイオ化粧品』 岡本暉公彦著 共立出版 1992年  (576.7/オ)
『お化粧と科学』 日本化学会編 大日本図書 1993年  (576.7/ニ)
『化粧品原料と製品技術』 高橋雅夫編 シーエムシー出版 2003年  (576.7/タ)
『中身で見分ける化粧品選び』 山本一哉監修 三水社 2000年 (576.7/ケ)
『安全な化粧品選び危ない化粧品選び』 西岡一著 講談社 2000年 (576.7/ニ)
キーワード
(Keywords)
化粧品
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000031482解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!