このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031364
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-2000-010
事例作成日
(Creation date)
2000/05/17登録日時
(Registration date)
2006年11月01日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年02月12日 13時30分
質問
(Question)
「愛人モンパゾン夫人の死」(ド・ランセ)を読みたい。「椿姫」の中で紹介されていた。
回答
(Answer)
質問に該当する著作は見あたらなかった。ランセはフランスの神学者(1626-1700)。『椿姫』本文中に名前が出てきたランセの説明では、ランセが親しかったモンパゾン夫人の死後、宗教活動に入った事実をさすと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
『翻訳図書目録』《ゆにかねっと》に該当なし。
『外国人物レファレンス事典 古代-19世紀4』に〈Rance Armand Jean le Bouthillier de〉の項あり。
『キリスト教人名辞典』によると、1657年に世俗的生活から改心して修道院に入り、著作は「De la saintete et des devoirs de la vie monastique(2巻)」(1683年)とある。
『ブリタニカ国際大百科事典』(小項目事典)にも、主著「修道生活の聖性と義務」とある。
『椿姫』を確認する。
『集英社世界文学大事典 4』p635にランセの項があり。モンパゾン夫人の死後シトー会に入ったとあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
著作.編集  (021 9版)
フランス文学  (950 9版)
参考資料
(Reference materials)
『集英社世界文学大事典 4』(集英社 1997)
キーワード
(Keywords)
著作
Rance Armand Jean le Bouthillier de(ランセ アルマン・ジャン・ル・ブティリエ・ド)
フランス文学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000031364解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!