このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031219
提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図-06-0023
事例作成日
(Creation date)
2006/07/01登録日時
(Registration date)
2006年10月27日 02時10分更新日時
(Last update)
2006年10月27日 02時10分
質問
(Question)
「微積分の誕生」及び「三角関数の誕生」といった内容についての書物などがございましたら、教えてください。
回答
(Answer)
「微積分」については以下の本にくわしい記述がありました。
410.2-4「微積分の歩んだ道」安部齊 森北出版 1989年
目次:1章 ギリシャ時代の数学(微積分の源流を尋ねて)
   2章 微積分発見前夜
   3章 微積分の発見(ニュートン、ライプニッツ)
   4章 微積分と力学(ベルヌーイ一族、オイラー、ラグランジュ)
   5章 ガウスと同時代の人々(ラプラス、フーリエ)
   6章 微積分のフィナーレ(コーシ、リーマン、ワイエンシュトラス、テデキント、カントル)
また「参考資料②③④」のような図書もございます。
三角関数の方はそのものずばりの本は見出せませんでした。
ただし「ウィキペディア」の「三角関数」の項に簡単に「歴史」が書かれていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E9%96%A2%E6%95%B0
[last access 2006/10/21]と
ここに書かれているものは「数学史」の本を見ていくと拾えると思われます。
たとえば408-K2-1「インド天文学」として「アールヤバタ」も所蔵しております。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
数学  (410)
参考資料
(Reference materials)
①410.2/4「微積分の歩んだ道」安部齊 森北出版 1989年
②413.4/3「積分の歴史 アルキメデスからコ-シ-,リ-マンまで」V.A.ニキフォロフスキ- 現代数学社 1993
③413.3/K7「微分・積分学序説」好田順治 晃洋書房 1983
④410.2/N1「近世数学の歴史」中村幸四郎 日本評論社 1980
キーワード
(Keywords)
微積分
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000031219解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決