このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030707
提供館
(Library)
能代市立図書館 (2310022)管理番号
(Control number)
2005005
事例作成日
(Creation date)
2006年09月14日登録日時
(Registration date)
2006年09月14日 17時49分更新日時
(Last update)
2009年04月22日 14時48分
質問
(Question)
山本五十六の『今の若い者などと口はばつたき事は~』という言葉は、実際にいつ・どのように使われたのか。
回答
(Answer)
昭和16年12月19日に山本五十六が高橋三吉(海軍大将)宛に書いた手紙に書かれており、真珠湾特別攻撃隊の九軍神の偉業を讃え深い感慨を吐露している。
『前略 兵学校卒業一年未満の若武者共を加ふる此決死隊が 暗夜敵港に突入して此成果を揚げたるを思へば 今の若い者などと口ハバつたき事は申間敷事と しかと教へられこれ又感泣に堪へざる次第に御座候 (以下略)』
回答プロセス
(Answering process)
伝奇や名言集をみたが具体的には載っていなかった。
インターネット検索もしたが具体的な記載はなかった。
山本五十六の書簡集に記載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
言葉の意味を調べた。
真珠湾攻撃で日本軍が勝利をおさめた。指揮をとったのは年寄り(山本五十六)だが、実際に戦ったのは「今の若い者」であり、戦死した者の多くが「若い者」であった。だから批判や説教めいて「今の若い者は」というべきではない。という山本五十六の、よく戦った若い兵隊への思いが表れている言葉。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『山本元帥 前線よりの書簡集』(廣瀬彦太:編 東兆書院 S19刊)
『元帥山本五十六 上巻』(太田清文:著 潮文閣 S18刊)
『名セリフ日本史』(左方郁子:ほか著 駸々堂出版 S62刊) 
キーワード
(Keywords)
山本五十六
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
言葉・人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000030707解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!