このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030695
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-2000-074
事例作成日
(Creation date)
2001/03/02登録日時
(Registration date)
2006年09月14日 02時12分更新日時
(Last update)
2014年06月03日 11時13分
質問
(Question)
蘇軾の詩「人間到る所青山在り」は、いつの時代に作られたものか。
回答
(Answer)
特定できず。1079年、蘇軾44歳の時の作、僧月性の天保14年(1843)の作などの説がある。備考欄に追記あり。(2014/05/20、06/03)
回答プロセス
(Answering process)
『大漢和辞典 12』p106〈青山可埋骨〉の項を見ると、これは1079年、蘇軾44歳の作とあり。そこに質問の詩が載っており、僧月性の「将東遊題壁」として紹介されている。
『日本漢文学大事典』p617の〈将東遊題壁〉の項に、釈月性27歳、天保14年(1843)の作とあり。
『故事成語大辞典』にも〈青山骨ヲ埋ムベシ〉の項に質問の詩が僧月性の作とある。
しかし『故事成語辞典』には、村松文三(一説に僧月性)の詩とあり、また『故事成語諺語辞典』には、蘇軾、月性、村松文三の3人の名があがっている。
インターネット上では、山口県大畠町の月性展示館のサイトに月性が27歳の時に詠んだという記述がある。
以上を紹介する。

追記:月性展示館の案内は現在山口県柳井市のホームページから見られる。
http://www.city-yanai.jp/site/kanko-shisetsu/gesshotenjikan.html 2014/05/20最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌.韻文.詩文  (921 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大漢和辞典 12』
『日本漢文学大事典』(近藤春雄 明治書院 1985)
『故事成語大辞典』(簡野道明 明治書院 1922)
『故事成語辞典』(山田勝美 東京堂出版 1981)
『故事成語諺語辞典』(高橋源一郎 明治書院 1980)
キーワード
(Keywords)
漢詩
蘇軾(ソ ショク)
月性(ゲッショウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
国立国会図書館よりコメントをいただく(2014/05/20)。以下、Web情報の本文。

諸説あるようですが、蘇軾の線から、下記データベースで検索し、次の情報がありました。

宋代名家詩(【宋人與宋詩】地理資訊系統) 
http://cls.hs.yzu.edu.tw/sung/sung/SMP_MenPoem.html (2014/05/19確認)

作  者: 蘇軾
詩  題: 予以事繫御史臺獄獄吏稍見侵自度不能堪死獄中不得一別子由故作二詩授獄卒梁成以遺子由,二首之一
詩  序:
帝元年號: 宋神宗元豐二年
西  元: 1079年8月至12月
作者年齡: 44歲
寫作地點: 開封(開封府,京畿路)
詩  句:
聖主如天萬物春, 小臣愚暗自亡身。
百年未滿先償債, 十口無歸更累人。
是處青山可埋骨, 他時夜雨獨傷神。
與君今世為兄弟, 又結來生未了因。

この詩をもとに、月性が「人間到処有青山」の詩を作ったという情報がネット上に、散見されています。

次の情報提供あり。(2014/06/03)
『漢詩鑑賞事典』(石川忠久 講談社 2009)
p834~835 「将東遊題壁」(将に東遊せんとして壁に題す)は、真宗の僧、釈月性(1817~1856)が27歳、東遊して大阪の篠崎松竹の門下に入るときの決意を故郷の壁に書きつけたもの。「青山」は、蘇軾の「是の処の青山、骨を埋むべし」の句からヒントを得ているだろう」との記述あり。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000030695解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!