このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030694
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2000-076
事例作成日
(Creation date)
2001/03/28登録日時
(Registration date)
2006年09月14日 02時12分更新日時
(Last update)
2008年10月29日 16時38分
質問
(Question)
芭蕉の句「その見えたる光未だ消えざるうちにいい留むべし」の意味と、この句を詠んだ時の芭蕉の心境なども知りたい。
回答
(Answer)
『芭蕉語彙』p1099〈光〉の項に遺語として、「物の見えたるひかりいまだきえざる中にいひとむべし(三冊子)」とあり。この言葉のことと思われる。
『三冊子評釈』p121、『三冊子総釈』p129-131、『去来抄・三冊子』p126-127 などに解釈等の記述あり。これらの資料を提供する。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『三冊子評釈』(能勢朝次 名著刊行会 1970)
『三冊子総釈』(南信一 風間書房 1964)
『去来抄・三冊子』 (書誌未確認)
キーワード
(Keywords)
松尾芭蕉(マツオ バショウ)
俳句-評釈
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000030694解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!