このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030603
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-054
事例作成日
(Creation date)
2005/6/4登録日時
(Registration date)
2006年09月14日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年04月04日 16時22分
質問
(Question)
業務用マーガリンの製造方法(機械など)について掲載されている資料がみたい。
回答
(Answer)
新しいマーガリン製造機械の記述がある資料は見つからず。機械等の記述がある古い資料はあり。
記述のあった資料は以下の通り。
『アメリカのマーガリン産業』「2 製造技術の発展 Ⅲ製造技術の進歩」の項に製造行程、図、機械の写真などあり。「5 マーガリン、ショートニング工場の個別視察」の項に製造室の写真や図あり。
『日本マーガリン工業史』(全日本マーガリン協会)戦前編、戦後編に分けてマーガリンの輸出入、技術、時代背景について述べている。製造方法に関係があるのは、戦前編「第5章マーガリンの製造の技術と原料」戦後編「第5章マーガリン工業における技術革新」
『食用加工油脂の知識』「業務用マーガリン」に種別とMMラインシステム(レオン自動機)の写真あり。
『油脂製品の知識』「マーガリン」にマーガリンの製造法として装置・工程の説明と工程図及びポテーター式冷却装置の断面図あり。
『ミヨシ油脂株式会社史』ポテーター1号機の写真(昭和28年)あり。
『ミヨシ油脂株式会社80年史』製造工程に沿った設備配置の項に乳化釜の写真あり。
『改稿油脂化学』「マーガリンとショートニング」にポテーター断面図あり。

記述はあるが製造機械についてではないもの。
『食用油脂』「マーガリン」に製造工程の記述あり。
『油脂化学入門』「マーガリン」に製造の記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈マーガリン〉で検索した結果から図書を調査。『アメリカのマーガリン産業』『日本マーガリン工業史』(全日本マーガリン協会)に製造方法について記述あり。
《NDL-OPAC(雑索)》を〈マーガリン & 製造〉や〈マーガリン & 業務用〉で検索したが該当記事なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
油脂類  (576 9版)
製造工業  (580 9版)
食品工業  (588 9版)
参考資料
(Reference materials)
『アメリカのマーガリン産業』(農林水産業生産性向上会議 1959)
 
『日本マーガリン工業史』(1976)
『食用加工油脂の知識』(柳原昌一 幸書房 1984)
『油脂製品の知識』(安田耕作 1993)
『ミヨシ油脂株式会社史』(幸書房 ミヨシ油脂 1966)
『ミヨシ油脂株式会社80年史』(ミヨシ油脂 2002)
『改稿 油脂化学』(桑田勉 岩波書店 1969)
『食用油脂』(太田静行 1977)
 
『油脂化学入門』(黒崎富裕 産業図書 1995)
キーワード
(Keywords)
食用油脂
マーガリン
製造工業
食品加工機械-食品工業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000030603解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!