このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030547
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊‐2006‐024
事例作成日
(Creation date)
2006/6/9登録日時
(Registration date)
2006年09月14日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年01月11日 16時43分
質問
(Question)
徳川吉宗の時代(1720年頃)に、対馬~朝鮮間を船で渡るのに、どのくらいの時間がかかったか知りたい。
回答
(Answer)
『日本見聞録にみる朝鮮通信使』p209より、釜山から対馬北端の鰐浦までは直線距離にして約54㎞、速力は平均でほぼ3ノット(時速約5.6㎞)ほどで、朝鮮海峡を渡るのに、順調にいって約10時間を要した旨の記述あり。
ただし、『日鮮史話 1』p10に「当時は偏好風を待ち、帆力に頼って渡航したので、其の風待ちにさへ多くの日子を費やした」とあるとおり、天候によっては更に多くの時間を要したものと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
江戸時代の朝鮮との外交に関する資料にあたる。
朝鮮通信使は、朝鮮国王が書契(国書)および礼単(進物)をもって、足利将軍・徳川将軍に派遣した外交使節団で、江戸時代には合計12回の通信使が来日、対馬は代々朝鮮外交を任せられ、初期から第6回までは鰐浦港が、それ以後は佐須奈が対馬の第一寄港地となった。
吉宗時代の通信使については、使節団に製述官として参加した申維翰の『海游録』に詳しい。
また、同書を物語風にアレンジした『徳川吉宗と朝鮮通信使』p70には、「通信使の一行は、はしけに乗りうつった。・・・釜山を発って、すでに16時間余が経過している。」との記述が見られる。
その他、『朝鮮通信使の旅日記』『朝鮮通信使の海へ』『日鮮史話』など、関連資料は多数あり。
『朝鮮通信使の旅日記』の巻末には、〈朝鮮通信使をもっと知りたい人のための資料館ガイド〉として、内外の資料館24館が4頁に渡って紹介されており、上記回答とともに質問者に紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
『海游録 朝鮮通信使の日本紀行』(申維翰 平凡社 1983)
『徳川吉宗と朝鮮通信使 知られざる交流』(片野次雄 誠文堂新光社 1996)
『日本見聞録にみる朝鮮通信使』(西村毬子 明石書店 2000)
『朝鮮通信使の旅日記 ソウルから江戸-「誠信の道」を訪ねて』(辛基秀 PHP研究所 2002)
『朝鮮通信使の海へ 日朝交流の歴史をたどる』(小島敦夫 丸善 1997)
『日鮮史話 1』(松田甲 原書房 1976)
キーワード
(Keywords)
朝鮮通信使-江戸時代
対馬-朝鮮半島
航海-船舶
海上交通-歴史
外交-歴史-日本
李朝-李氏朝鮮
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000030547解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!