このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030267
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
北九-2006-0031
事例作成日
(Creation date)
2004年3月1日登録日時
(Registration date)
2006年09月02日 14時39分更新日時
(Last update)
2016年09月09日 10時51分
質問
(Question)
竜巻の強さは何で測るのですか。
誰が決めたのですか。
回答
(Answer)
 竜巻とは、柱状または漏斗状の雲が積乱雲の底から垂れ下がり、海面から巻き上げられた水滴、または地面から巻き上げられた塵、砂などが、尾のように立ち上がっている渦巻のことをいいます。
 竜巻の強さを表すものとして藤田スケール(Fスケール)を用います。これは竜巻を弱い方からF0・F1と始めてF12の強さまで区別しています。例えば「F0」は秒速17~32メートル(軽度の被害)これにより煙突やテレビのアンテナが壊れる。「F1」なら秒速33~49メートル(中程度の被害)屋根瓦が飛び、ガラス窓が割れる。「F5」は秒速117~142メートル(信じられない被害)人家が跡形もなく吹き飛び、数トンもある物体が、どこからともなく降ってくる、というものです。この藤田スケールは1971年に当時シカゴ大学教授であった藤田哲也博士(北九州市出身)が発表し、今ではアメリカのみならず、カナダ、日本などでも利用されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『ドクター・トルネード藤田哲也』 藤田哲也著 藤田記念館建設準備委員会事務局 2001年 (33~98頁) (K451/フ)
『最新気象の事典』 東京堂出版 1993年 (323~326頁) (451/サ)
『気象予報士のための天気予報用語集』 新田尚監修 東京堂出版 1996年 (162~163頁) (451.2/テ)
キーワード
(Keywords)
竜巻
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000030267解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!