このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030259
提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺―2006-001
事例作成日
(Creation date)
2006年3月1日登録日時
(Registration date)
2006年08月30日 14時07分更新日時
(Last update)
2006年09月01日 14時05分
質問
(Question)
中世堺の自治組織である「会合衆(えごうしゅう)」は三十六人衆ともいわれているとのことだが、そのメンバーの名前を知りたい。
回答
(Answer)
 会合衆三十六人とあるのは、町々の発展に応じて、堺のまちの公的な運営組織が発展したことによる誤解で、基本的に会合衆は十人であった。
たとえば、織田政権成立後の1574年(天正2)、信長が堺の有力者十人を招き、京都相国寺で茶会を催した際、紅屋宗陽・塩屋宗悦・今井宗久・茜屋宗左・山上宗二・松江隆仙・高三隆世・千宗易(利休)・油屋常琢・津田宗及が名を連ねており、これが当時の会合衆であると考えられている。
 なお最近では、「会合衆」は従来一般に使われてきた「えごうしゅう」と読むのは誤りであり、「かいごうしゅう」と読むのが正しいとされてきている。
回答プロセス
(Answering process)
『堺の歴史』(角川書店)p.92では「これまでは、会合衆は16世紀には36人になったと考え、いろいろと説明がこころみられてきたが、無理があるように思われる。会合衆は終始10人であったとみる方が合理的である。」と述べ、回答の十名を紹介している。
 小西瑞恵『中世都市共同体の研究』p.100では、豊田武『堺』で「会合」を「えごう」と読むのが本当であろうとしたことを批判し、諸史料から「かいごう」と読むのが正しいとしている。さらに小西氏は「中世の堺商人」において、高校日本史教科書でも会合衆のルビを「かいごうしゅう(えごうしゅう)」とするなど、一般に認知されてきているとしている。
事前調査事項
(Preliminary research)
『国史大辞典』2(吉川弘文館,1980年)p.259の「えごうしゅう 会合衆」の項目参照。
NDC
近畿地方  (216 8版)
参考資料
(Reference materials)
豊田武『堺』(至文堂,1957年)
泉澄一『堺』(教育社,1981年)
柿崎文雄「室町期における堺会合衆の構成に関する一考察」(『比較都市史研究』第1巻第2号,比較都市史研究会1982年)
朝尾直弘ほか『堺の歴史』(角川書店,1999年)
小西瑞恵『中世都市共同体の研究』(思文閣出版,2000年)
小西瑞恵「中世の堺商人」(『大阪女子大学上方文化研究センター研究年報』第5号2004年)
キーワード
(Keywords)
自治都市
会合衆
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000030259解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決