このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030072
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2005F674
事例作成日
(Creation date)
2005/08/10登録日時
(Registration date)
2006年08月09日 02時13分更新日時
(Last update)
2006年08月09日 10時14分
質問
(Question)
伊藤博文が詠んだ漢詩「百薬不如酒 酒能喚我親 言志唯在詩 詩難出歯唇 消閑半日裏 工夫養吾真 塵事君休問 酒詩擬古人」の読み方と意味を知りたい。
回答
(Answer)
伊藤博文の著作・伝記、漢文に関する文献等を調査したところ、下記に訳註が収載されておりました。
このほかには、読み方、意味について記述した文献は見当たりませんでした。<  >内は当館請求記号
『藤公詩集―訳註』〔伊藤博文著〕楢原吼堂編訳 忠文堂書店 大正7
形態はマイクロフィッシュ <YD5-H-31-786>
 該当箇所:p.190
                       
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『伊藤博文伝』上中下 春畝公追頌会編 原書房 1970;『伊藤博文伝』久米正雄著 改造社 1931;『伊藤博文伝秘録』[正]続 平塚篤編 原書房 1982;『新訂日本漢詩百選』 安藤英男著 蒼土舎 1983;『和漢名詩の吟じ方』第1-5巻 日本詩吟学院岳風会 1980-1987;照会機関 伊藤公資料館-該当資料なし
NDC
漢詩文.日本漢文学  (919 9版)
参考資料
(Reference materials)
『藤公詩存』 伊藤博文著 末松謙澄編 博文館 明43 <YDM99853> 形態はマイクロフィッシュ (*該当の漢詩は収載されているが、読み方、意味は記載なし。)
『伊藤博文』中村吉蔵著 大日本雄弁会講談社 1942 <289.1-I783Ni>
『伊藤博文―明治官僚の肖像』 渡部英三郎著 筑摩書房 1966 (グリーンベルト・シリーズ)<289.1-I783Wi>
『史伝伊藤博文』 三好徹著 徳間書店 1995 2冊 <GK65-G5>
『漢詩名句辞典』 鎌田正,米山寅太郎著 大修館書店 1980<KK62-9>
『漢詩の事典』 松浦友久編著 大修館書店 1999 <KK62-G2>
『常用墨場辞典』 前野直彬〔ほか〕編 尚学図書 1988 <KK62-E1> (いずれも記載なし。)
キーワード
(Keywords)
漢詩
伊藤博文
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000030072解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!