このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030038
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2003-004
事例作成日
(Creation date)
2003/04/22登録日時
(Registration date)
2006年08月09日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年01月22日 10時43分
質問
(Question)
「たられば」言葉の意味が知りたい。また、どういう場合に使うのか。
回答
(Answer)
『日本語の文法 4 複文と談話』に「レバ形式の表現タラ形式の表現」の記述あり。
『日本語の条件表現』は「たら」と「れば」についての論文があり。
『日本語教育事典』には「たら・れば」用法あり。
『週刊女性 1997.6.24号』p89、「タラ・レバ論者と人ごと論者」(『週刊文春 1998.9.10号』p81)、「レバ・タラの企業収益動向」(『財界 44(13)』p174-175)に記述あり。
以上を提供する。
回答プロセス
(Answering process)
『大宅壮一雑索 CD-ROM 1992/2000』では1件ヒットし、『週刊女性 1997.6.24号』p89に記述あり。
《MAGAZINEPLUS》では2件ヒット、「タラ・レバ論者と人ごと論者」(『週刊文春 1998.9.10号』p81)、「レバ・タラの企業収益動向」(『財界 44(13)』p174-175)に記述あり。

その他の調査済み資料
『意味論の方法』(国広哲弥 大修館書店 1982)『標準日本口語法』(松下大三郎 勉誠社 1989)『表現文法の方法』(北原保雄 大修館書店 1996)『日本語表現論考』(橘豊 おうふう 1999)『明治・大正・昭和の新語・流行語辞典』(米川明彦 三省堂 2002)
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「広辞苑 第4版」「あいまい語辞典」「現代用語の基礎知識」「知恵蔵」「イミダス」
NDC
日本語  (810 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本語の文法 4 複文と談話』(仁田義雄 岩波書店 2002)
『日本語の条件表現』(益岡隆志 くろしお出版 1998)
『日本語教育事典』(日本語教育学会 大修館書店 1987)
『週刊女性 1997.6.24号』
「タラ・レバ論者と人ごと論者」(『週刊文春 1998.9.10号』)
「レバ・タラの企業収益動向」(『財界 44(13)』)
キーワード
(Keywords)
日本語-語彙
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000030038解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!