このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030024
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2001-159
事例作成日
(Creation date)
2002/02/28登録日時
(Registration date)
2006年08月09日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年01月25日 15時03分
質問
(Question)
医療訴訟関係資料に、「病院は診断書を交付しなければならない」という条文や解説はあるか。病院が診断書を交付してくれないので、交付してくれる方策を探している。法律相談を受ける予定だが、それまでに予備知識を得たい。
回答
(Answer)
『現行日本法規 80』〈医師法〉第19条第2項に、「診断もしくは検案をし、又は出産に立ち会った医師は、診断書もしくは…の交付の求があった場合には、正当の事由がなければ、これを拒んではならない。」とあり。
『判例時報 740』『訴訟事例に学ぶ医療事故と責任』『医事法』に判例あり。
解説は『病院・医院の法律相談』『医者と患者の法律相談』『医療行為と法』『病院における医療事故紛争の予防』『医療法律用語事典』にあり。
質問は〈診断書〉ということだったが、診断書の交付については法律で義務づけられているので、念のため〈医療記録(カルテ)〉の開示についても調査すると、調査時点ではカルテの開示は法制化されていない。
『ジュリスト 1142 特集:診療記録の開示と法制化の課題』『カルテ開示』『医事紛争予防学』『判例からさぐる医療トラブル』に判例と解説あり。
医療訴訟に関する資料は、『医療事故の法律相談』『医療事故・カルテ開示・患者の権利』『患者のための医療裁判』『相手を訴える法律知識』(改訂新版)等がある。
以上を提供すると、〈診断書〉〈医療記録〉の両方について知りたかったとのこと。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
法律  (320 9版)
参考資料
(Reference materials)
『判例時報 740』
『訴訟事例に学ぶ医療事故と責任』(鹿内清三 第一法規出版 1990)
『医事法』(前田達明 有斐閣 2000)
『病院・医院の法律相談 新版』(高田利広 ぎょうせい 1992)
『医者と患者の法律相談』(石原寛 青林書院 1995)
『医療行為と法』(大谷実 弘文堂 1997)
『病院における医療事故紛争の予防』(岡田清 医学書院 1993)
『医療法律用語事典』(中央法規出版 1982)
『ジュリスト 1142 特集:診療記録の開示と法制化の課題』
『カルテ開示』(患者の権利法をつくる会 明石書店 1997)
『医事紛争予防学 インフォ-ムドコンセントを求めて』(日経メディカル 日経BP社 1990)
『判例からさぐる医療トラブル 裁判が明らかにした医療の姿』(塚本泰司 講談社 1994)
キーワード
(Keywords)
医事紛争
法令
医事法-医師法
判例
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000030024解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!