このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029985
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2003-003
事例作成日
(Creation date)
2003/04/17登録日時
(Registration date)
2006年08月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年02月28日 09時07分
質問
(Question)
イプセンの「人形の家」が日本で初めて上演されたとき、主人公ノラがどのように紹介されていたかについて知りたい。
回答
(Answer)
『読売新聞マイクロ版 明治44年9月22日』(1911年)に記事があることがわかった。『明治ニュース事典 8』p708に同記事の掲載あり。その他、『日本のイプセン現象 906-1916』『明治演劇論史』『日本女性史事典』『演劇百科大事典』などの関連記述がある資料をあわせて紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
《Google》を〈イプセンの人形の家 & ノラ & 新聞〉で検索すると、『読売新聞マイクロ版 明治44年9月22日』に記事があることがわかった。
『明治ニュース事典 8』p708に同記事の掲載あり。
『日本のイプセン現象 906-1916』に島村抱月の翻訳について、上演当時の状況についての詳しい記述あり。ただし、新聞等でどのように取り上げられたかについては記述なし。
『明治演劇論史』に抱月のノラの解釈と女優についての記述あり。
『日本女性史事典』p167に〈人形の家〉の項があり、「女優をめざす女性たちは『新しい女』と呼ばれはじめていたが、ノラはその代名詞となる。」との記述あり。演じたのは松井須磨子。
『演劇百科大事典』p36にストーリー、日本での初演について記述あり。
『明治大正新劇史資料』は上演についての簡単な記述のみ。
『朝日新聞マイクロ版 明治44年9月』には記事なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各種の演劇  (775 9版)
参考資料
(Reference materials)
『明治ニュース事典 8 明治41年-明治45年』(明治ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ 1986)
『日本のイプセン現象 906-1916』(中村都史子 九州大学出版会 1997)
『明治演劇論史』(松本伸子 演劇出版社 1980)
『日本女性史事典』(女性史事典編集委員会 新人物往来社 1994)
『演劇百科大事典』(早稲田大学演劇博物館 平凡社 1983)
キーワード
(Keywords)
演劇-明治時代-日本
女性-歴史
Ibsen Henrik(イプセン ヘンリク)
ノラ-「人形の家」
松井 須磨子(マツイ スマコ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000029985解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!